鳥の詩」(とりのうた)は、2000年Keyから発売されたゲームAIR』の主題歌である。歌唱はLia。この曲のヒットによりLiaの名が知られるようになった、実質上のデビュー曲である[1]

鳥の詩
Liaの楽曲
収録アルバムAIR ORIGINAL SOUNDTRACK
リリース2000年
録音パラマウントスタジオ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
ジャンルJ-POP/ゲームソング/アニメソング
レーベルKey Sounds Label
作詞者麻枝准Key
作曲者折戸伸治(Key)
高瀬一矢I've)(編曲)
その他収録アルバム
  • Lia/LIA COLLECTION ALBUM Special Limited Box
  • I've Girls Compilation 2「verge」(ショートバージョン)
  • Ornithopter (AIR初回限定版付属のBGMアレンジアルバム)
野道
(2)
鳥の詩
(3)
夏影
(4)
ミュージックビデオ
『AIR』オープニングムービー - YouTube

概要編集

Lost Withnessの「Red Sun Rising」をモチーフとした曲であり[2]、『AIR』の家庭用ゲーム機移植版やテレビアニメ版でも主題歌として使われている。なお、ゲーム(移植版含む)内で実際に使用されたのはショートバージョンである。また、テレビアニメ版ではテレビ放送用に1分半に編集されたものが用いられていたが、後にテレビアニメ版がブルーレイディスクで発売された際には1番の歌詞をそのまま使ったオープニングがHDTV仕様で新規作成され、特典として収録された。

アメリカロサンゼルスパラマウントスタジオにてレコーディングが行われたことでも話題となった。

2000年9月8日のWindows初回版『AIR』の発売に先立ち、「鳥の詩」のショートバージョンが同年7月14日に発売されたI'veのコンピレーションアルバム『verge』に先行収録されている。また2000年12月発売のアダルトゲーム専門誌『PUSH!!』2001年2月号には、フルバージョンのMP3データおよびメロディのみの楽譜[3]が収録されていた。

この「鳥の詩」と同じ制作メンバーで、そのメロディを意識して作られた曲に『Light colors』(『智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜』オープニングテーマ曲)がある。

ゲームのヒットにより、ニコニコ動画YouTubeなどの動画サイトで楽曲が話題となり、Liaの名が知られるようになった。

リミックス編集

2009年現在、鳥の詩には以下のリミックスが存在する。作詞・作曲者名は原曲と同じため省略する。

ボーカルなし
羽根 -plume-
鳥の詩のオフボーカル・オルゴールアレンジ。ゲームBGMとして使用。
Lia名義
鳥の詩 2004 summer version 〜Relaxin' with lovers mix〜
編曲:Yuichi Kanatani
LIA名義
鳥の詩 〜StripE REMIX〜
編曲:StripE
鳥の詩・torino-uta [the speed freak's noise rave remix]
編曲:DJ SHARPNEL
その他
鳥の詩 〜Bossanova Version〜
編曲:清川伸 歌:みのもみな
「Humanity...」に収録
鳥の詩 -Cosmic Seekers Remix-
「OTSU Club Music Compilation Vol.1」に収録
鳥の詩 -Remix-
「OTSU:Blasterhead」に収録

AIR以外での使用編集

カヴァー編集

ラジオ放送編集

NHK-FMの長時間特別番組「今日は一日○○三昧」シリーズのアニソン編では5回の放送全てで取り上げられている。1回目の「今日は一日 アニソン三昧」では126曲目、2回目の「今日は一日 アニソン三昧SS」では前年度に最もリクエストの多かった曲として1曲目に放送され、3回目の「今日は一日 アニソン三昧 ファイナル」では128曲目に放送されLia本人もゲスト出演した。4回目の「今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧」では36曲目に放送され、Lia本人が電話出演した。また5回目となる「今日は一日“アニソン”三昧 Z(ゼット)」ではゲスト出演していたLiaが41曲目にライブで歌った。

批評・反響編集

楽曲「鳥の詩」は「国歌」として形容されることがある[1][6]。株式会社タブロイドに所属するライターの坂本寛は、洋泉社が発行した『アニソンマガジン』のゲームソングレビュー集の中で2008年の時点でゲームソング・アニメソングの中において最も素晴らしい楽曲の1つと位置づけており、「壮大にして緻密なボーカル、打ち込み、コーラスとも完璧な出来映え」で視聴者に「太陽の光を想起させる」と批評した[6]

2019年3月1日には、ソニー・ミュージックエンタテインメントのアニメソング人気投票キャンペーン「平成アニソン大賞」においてユーザー投票賞(2000年 - 2009年)に選出された[7]

著作権管理編集

「鳥の詩」は、JASRACなどの著作権管理団体に楽曲が登録されていないため、楽曲を使用する際には直接権利者から許可を得る必要がある。Key Sounds Labelの他の楽曲にも同様の例がある。

楽曲を耳コピーしてMIDIで再現したり、演奏や歌唱する場合(いわゆる「歌ってみた」動画など)は、非営利目的に限りファン活動として公開を許可されている[8][9]

ただしゲームやCDなどから直接録音した音源を使用したり(リミックスMAD動画なども含む)[8][9]、また耳コピーや演奏・歌唱などであっても他社コンテンツの二次創作のBGMとして無断使用することは禁じられている[8]

盗作事件編集

2005年には、永邦(ヨン・バン、ショーン・ヨン)という華人シンガポール人アーティストのアルバムに収録された楽曲「melody」(作曲・ジー・ゾンピン)が「鳥の詩」の盗作ではないかとの疑惑が持たれ(アレンジMIDIを使用していた)、Keyが問題のアルバムの版権を持つSony BMGに抗議をしたため、同CDはSony BMGにより回収された[10][11]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 国歌『鳥の詩』を歌ってLiaの直筆サインを当てよう♪” (日本語). マイナビニュース (2020年10月28日). 2020年12月15日閲覧。
  2. ^ 更科修一郎、麻枝准、涼元悠一「Keyシナリオスタッフロングインタビュー」『カラフルピュアガール』第2巻第3号、ビブロス、東京、2001年3月、 25頁、2010年3月7日閲覧。“哀愁系トランスになるんですけど、これは『鳥の詩』のモチーフとなった曲です。”
  3. ^ 当時の携帯電話は着信メロディが一般的であったため、利用者自身が着信音を自作できるよう楽譜が公開されるケースが多々見られた。
  4. ^ Your Song」収録、「THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 05 如月千早」に再録。
  5. ^ bang_dream_gbpの2021年4月23日のツイート2021年4月24日閲覧。
  6. ^ a b 坂本寛「究極の"ゲームソング"50 後編」『アニソンマガジン』Vol.5、洋泉社、2008年7月10日、 87頁。
  7. ^ 平成アニソン大賞”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年3月8日閲覧。
  8. ^ a b c 製品内の素材の使用に関するQ&A“『Kanon』や『AIR』のBGMを耳コピーして作ったMIDIデータをWEBページに載せたいのですが…
  9. ^ a b 製品内の素材の使用に関するQ&A”. Key Official HomePage. 2020年12月15日閲覧。
  10. ^ Key (2005年9月15日). “『鳥の詩』盗作に関する公式見解です。”. Key公式サイト. ビジュアルアーツ. 2005年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月7日閲覧。
  11. ^ Woody-Rinn (2005年9月20日). “「鳥の詩」盗作事件”. 2007年12月8日閲覧。