メインメニューを開く

鳥兜

舞楽の常装束で用いられる頭に被る装飾品

鳥兜(鳥甲、とりかぶと)は、舞楽常装束で用いられるに被る装飾品。舞楽以外には神社仏閣での民俗芸能などでも用いられる。

鳳凰の頭部をかたちどったものとされ、鶏冠のような形状で縦に長く、後の首周りにはしころ(兜に付属し、首の後ろを守るパーツ)が付いている。 兜とは名づけられているものの錦や金襴で華麗に仕立てられ、舞楽の種類によっても微妙に色彩などが違う。

見た目が優美なため和服の模様などに採用されることもあるが、そのほとんどが青海波に使われる鳥兜である。特に打掛などに、紅葉、火炎太鼓、鳥兜を扱ったものは紅葉賀模様と称される。