メインメニューを開く

鳥取県道250号亀谷北条線

日本の鳥取県の道路
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
鳥取県道250号標識

鳥取県道250号亀谷北条線(とっとりけんどう250ごう かめだにほうじょうせん)は鳥取県東伯郡北栄町から鳥取県倉吉市を経由して鳥取県東伯郡北栄町を結ぶ一般県道である。

但し、倉吉市はほんの数十メートルしかない。

目次

通過市町村編集

  • 鳥取県東伯郡北栄町
  • 鳥取県倉吉市
  • 鳥取県東伯郡北栄町

沿革編集

  • 2008年平成20年)3月31日 - 鳥取県告示第206・207号により、北条倉吉道路に並行していた国道313号の旧道が国道指定を解除されたことに伴い、その一部にあたる東伯郡北栄町北尾(北尾第2踏切 - 北尾交差点〔終点〕間 (134m) )を当路線が継承し、終点側を延長[1]
  • 2009年(平成21年)3月31日 - 鳥取県告示第189・192・221号により、終点側(東伯郡北栄町下神 - 東伯郡北栄町北尾・北尾交差点〔終点〕間)を経路変更[2][3][4]。これに伴い、変更前の経路は北栄町道1335号北条西線となった[5]
  • 2017年(平成29年)3月24日 - 鳥取県告示第197・198号により、瀬戸バイパス(鳥取県道23号倉吉由良線との重用区間、東伯郡北栄町大島 - 東伯郡北栄町原・瀬戸交差点間)が供用開始[6][7]

重用区間編集

本線
  • 鳥取県道23号倉吉由良線(東伯郡北栄町大島 - 東伯郡北栄町瀬戸)
  • 鳥取県道320号羽合東伯線(東伯郡北栄町下神・下神交差点 - 東伯郡北栄町北尾・北尾交差点〔終点〕)
瀬戸バイパス
  • 鳥取県道23号倉吉由良線(東伯郡北栄町大島 - 東伯郡北栄町原・瀬戸交差点)

接続道路編集

本線
  • 鳥取県道151号倉吉東伯線・鳥取県道297号上大立大栄線(東伯郡北栄町亀谷・亀谷交差点〔起点〕)
  • 鳥取県道23号倉吉由良線(東伯郡北栄町大島)
  • 鳥取県道23号倉吉由良線 瀬戸バイパス・鳥取県道250号亀谷北条線 瀬戸バイパス(東伯郡北栄町大島)
  • 鳥取県道23号倉吉由良線(東伯郡北栄町瀬戸)
  • 鳥取県道23号倉吉由良線 瀬戸バイパス・鳥取県道250号亀谷北条線 瀬戸バイパス(東伯郡北栄町原・瀬戸交差点)
  • 鳥取県道320号羽合東伯線(東伯郡北栄町下神・下神交差点)
  • 北条湯原道路北条倉吉道路北栄IC(東伯郡北栄町下神・北栄IC入口交差点)
  • 鳥取県道201号上井北条線・鳥取県道320号羽合東伯線(東伯郡北栄町北尾・北尾交差点〔終点〕)
瀬戸バイパス
  • 鳥取県道23号倉吉由良線 本線・鳥取県道250号亀谷北条線 本線(東伯郡北栄町大島)
  • 鳥取県道23号倉吉由良線 瀬戸バイパス・鳥取県道250号亀谷北条線 本線(東伯郡北栄町原・瀬戸交差点)

脚注編集

  1. ^ 平成20年3月31日付鳥取県公報号外第56号 (pdf)”. 鳥取県 (2008年3月31日). 2016年1月27日閲覧。
  2. ^ 20年度告示図面(鳥取県告示第221号(鳥取県道320号羽合東伯線重用区間の区域決定))”. 鳥取県県土整備部道路企画課・道路建設課 (2009年3月31日). 2016年1月17日閲覧。
  3. ^ 平成21年3月31日付鳥取県公報第8079号 (pdf)”. 鳥取県 (2009年3月31日). 2016年1月27日閲覧。
  4. ^ 平成21年3月31日付鳥取県公報号外第51号 (pdf)”. 鳥取県 (2009年3月31日). 2016年1月27日閲覧。
  5. ^ 地域整備室関係様式 町道路線網図”. 北栄町. 2016年1月27日閲覧。
  6. ^ 28年度告示図面”. 鳥取県県土整備部道路企画課・道路建設課 (2017年3月31日). 2017年4月16日閲覧。
  7. ^ 県道の区域の変更(平成29年3月24日鳥取県告示第197号)・県道の供用の開始(平成29年3月24日鳥取県告示第198号) (PDF) 」 『鳥取県公報』第8885号、2017年3月24日、 3-4頁、2017年4月16日閲覧。

関連項目編集