メインメニューを開く

鳥塚 しげき(とりづか しげき、本名、鳥塚繁樹、1947年3月23日 - )は、東京都生まれのミュージシャン

鳥塚 しげき
出生名 鳥塚 繁樹
生誕 (1947-03-23) 1947年3月23日(72歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 立教大学卒業
ジャンル サーフ・ロック
グループ・サウンズ
カントリー・ミュージック
職業 シンガーソングライター
ミュージシャン
音楽教室講師
担当楽器 ギター
ボーカル
活動期間 1966年 -
共同作業者 ザ・ワイルドワンズ
鳥塚しげきとホットケーキ
公式サイト 公式ホームページ

目次

来歴編集

立教大学時代はアマチュアのカントリーウェスタンバンドで活躍。ザ・ワイルドワンズに参加しプロデビュー。ワイルドワンズは加瀬邦彦がザ・スパイダース寺内タケシとブルージーンズなどのバンドを経たのちに平凡パンチに募集を載せ、鳥塚[1]らのメンバーを集め結成された。ザ・ワイルド・ワンズというグループ名の由来は、星占いにより、『野生児』という意味を込め命名されたものである。

1966年11月に『想い出の渚』で東芝音楽工業(現:EMIミュージック・ジャパン)からデビューを果たす。同曲はデビュー・ヒットとなった。その後も青空のある限り愛するアニタ[2]と佳曲を発表した。グループは71年に解散。解散後も岡崎友紀主演のドラマやライブ活動で活躍。1980年には夫人の出産経験を活かしたラマーズ法のカセットテープを発売してヒットした[3]。現在は夫人の鳥塚のりこの手話ミュージックコンサートのプロデュース等、福祉活動にも積極的。ヴィレッジ・シンガーズのギタリストでもあり、ビーイングのプロデューサーでもある小松久と結成したカントリーウェスタンバンド「鳥塚しげきとホットケーキ」も順調に活動。ヤマハのバンドコンクールのMCでも有名。また、東急東横線・田園調布駅近くの、子供中心の鳥塚しげき音楽教室も好評。

NHK教育テレビで放送されていた「ワンツー・どん」に歌のお兄さんとして出演。挿入歌の作詞作曲も手掛けシングルとして発売。子供向けとして制作されたものではあるが、いずれの曲も鳥塚のカントリーウェスタン志向が反映されたものとなっている。特に1978年に発表した「虫虫虫めがねの歌」は子供たちを中心に人気を集めた[4]

サンダーバード」に登場した執事、アロイシャス・パーカーに顔が似ているという理由で、「とんねるずのみなさんのおかげです」の「サンバーダード」にパーカー役で出演したというバラエティ番組でも活躍した経験もあった。 2006年にはワイルドワンズ結成40周年コンサートを日本武道館にて開催した。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

アルバム編集

  • 明日をみつめて(テイチク)
    • 本作収録作品の『気がついてみたら』(作詞:瀧口洋子、作曲:杉田二郎、編曲:クニ河内)は、2005年発売のCD『GS卒業生紳士録~AFTER THE G.S.RUSH~』に収録された。

俳優:テレビドラマ出演編集

ドラマ音楽担当編集

  • 土曜ワイド劇場
    • 「海底の死美人・ヒット曲は殺しのテープ」(1980年8月30日、テレビ朝日・大映映像) - 作曲
    • 「偽装誘拐 貧乏くじは君が引く」(1980年11月8日、テレビ朝日・大映映像) - 作曲
    • 「雪山の死美人 スーパーストア殺人事件」(1981年2月28日、テレビ朝日・大映映像) - 作曲
    • 「湖水の死美人・劇画殺人事件」(1981年8月8日、テレビ朝日・大映映像) - 作曲
    • 「殺人フィルムへの招待」(1982年7月31日、テレビ朝日・東宝) - 作曲
    • 「死美人ホテル ビデオでつくる殺人計画」(1983年8月13日、テレビ朝日・大映映像) - 作曲
    • 「森村誠一の奔放の宴 新妻の秘密パーティー体験記」(1983年10月29日、テレビ朝日・国際放映) - 作曲
    • 「幻の結婚式」(1985年1月26日、テレビ朝日・松竹) - 作曲

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集