メインメニューを開く

鳥居 忠恒(とりい ただつね)は、出羽山形藩の第2代藩主。壬生藩鳥居家2代。

 
鳥居 忠恒
時代 江戸時代前期
生誕 慶長9年(1604年
死没 寛永13年7月7日1636年8月7日
改名 新太郎(幼名)→忠恒
戒名 孝徳寺殿銕山玄心大居士
墓所 東京都文京区本駒込吉祥寺
官位 従四位下、伊賀守、左京亮
幕府 江戸幕府
出羽山形藩
氏族 鳥居氏
父母 父:鳥居忠政
母:滝川雄利の養女(生駒家長の娘)
兄弟 忠恒戸沢定盛忠春
正室:森忠政の娘)
宗姫(前田利次正室)[1]

目次

生涯編集

初代藩主・鳥居忠政の長男。寛永5年(1628年)、父の死により家督を継ぐ。しかし生来から病弱で、幕府の任にほとんど勤めることができなかった[2]

寛永9年(1632年)、徳川忠長の改易に伴い、その御附家老であった従兄弟・鳥居忠房のお預かりを命ぜられる。

正室との間に嗣子がなく、異母弟の忠春とは その生母と仲が悪かった[注釈 1]。そのため臨終の際に忠春を養子とせず、新庄藩に養嗣子として入っていた同母弟の戸沢定盛に家督を譲るという遺言を残した。しかしこれは、幕府の定めた末期養子の禁令に触れており、さらに病に臨んで後のことを考慮しなかったとして幕府の嫌疑を招いた[2]。寛永13年(1636年)7月7日、33歳で死去した[2]

この事態に関して大政参与井伊直孝が「世嗣の事をも望み請ひ申さざる条、憲法を背きて、上をなみし奉るに似たり」とした上で「斯くの如き輩は懲らされずんば、向後、不義不忠の御家人等、何を以て戒めんや」としたため、幕府は「末期に及び不法のこと申請せし」(『寛政重修諸家譜』)として、所領没収となった。

もっとも、忠政と井伊直勝(直孝の兄)の代に正室の処遇をめぐって対立した両家の旧怨を知る直孝によって、鳥居家は改易に追い込まれたという説もある[注釈 2]。ただし祖父元忠の功績を考慮され、新知として信濃高遠藩3万石を与えられた忠春が家名存続を許された[3]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 忠春の母・内藤氏は心の狭い身勝手な性格で、忠恒が実母のように孝養を尽くしたにもかかわらず、家督を忠春に譲らないことを恨んで天徳寺に走って訴えようとした。忠恒は内藤氏を説得して連れ戻したが、このために不仲になった(『徳川実紀』)。
  2. ^ 『徳川実紀』

引用元編集

  1. ^ 『新庄古老覚書』(1918年)104頁。あるいは鳥居忠政の娘とも。
  2. ^ a b c 長谷川『シリーズ藩物語 高遠藩』、P23
  3. ^ 長谷川『シリーズ藩物語 高遠藩』、P25

参考文献編集

先代:
鳥居忠政
鳥居氏第21代当主
1628年 - 1636年
次代:
鳥居忠春