メインメニューを開く

鳥居 忠意(とりい ただおき)は、江戸時代中期から後期の大名下野壬生藩の第3代藩主。壬生藩鳥居家7代。

 
鳥居忠意
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保2年(1717年
死没 寛政6年7月18日1794年8月13日
改名 熊千代(幼名)→忠意
別名 忠胤、忠孝
戒名 寿徳院殿義岳秀天大居士
墓所 東京都文京区本駒込の江岸寺
官位 従五位下、従四位下、伊賀守、侍従
幕府 江戸幕府若年寄奏者番寺社奉行
主君 徳川吉宗家重家治家斉
下野壬生藩
氏族 鳥居氏
父母 鳥居忠瞭:小西氏
兄弟 忠意大久保忠翰忠亮
正室亀井茲親の養女亀井茲長の娘
側室:中山氏、麻衛氏、伊東氏、川久保氏など
13男7女:忠求坪内定系忠計忠見竹中元恭(五男)、忠温(七男)、戸川安昶忠寄忠良(十一男)、娘(高木正弼正室)、娘(花房職雍正室)、娘(花房正域養女、花房正応正室)、虎子(織田秀綿正室のち土屋業直継室)
養子:忠貴忠熹

生涯編集

享保2年(1717年)、第2代藩主鳥居忠瞭長男として生まれる。享保18年(1733年)7月28日に将軍徳川吉宗に拝謁し、享保19年(1734年)12月18日に叙任する。享保20年(1735年)に父が死去したため家督を継いだ。延享4年(1747年)5月15日に奏者番となり、宝暦2年(1752年)4月23日には寺社奉行を兼務する。宝暦10年(1760年)3月22日には若年寄となるが、翌年に将軍徳川家重が死去すると、全ての職を辞職した。

再度の出仕編集

宝暦12年(1762年)5月24日に再び奏者番、寺社奉行を兼務し、天明元年(1781年)閏5月11日には若年寄となる。そのため、同年9月18日には従四位下を叙任された。天明6年(1786年)に徳川家斉が新将軍となると、老中に任じられる。しかし高齢のため、寛政3年(1791年)10月11日に眼疾に倒れている。

晩年編集

この間、世子の長男の忠求が寛政元年(1789年)に早世、忠求の長男の忠貴は寛政3年(1791年)に廃嫡、継いで世子となった四男忠見も寛政6年(1794年)5月12日に先立って死去する。そして、忠意もその後を追うように同年7月18日に死去した。享年78。跡を忠見の次男の忠熹が継いだ。