鳥海靖

鳥海 靖(とりうみ やすし、1934年1月21日 - )は、日本の歴史学者。日本近現代史研究者。東京大学名誉教授。立憲政治体制や歴史の相互理解を研究している。

目次

経歴編集

東京出身。東京都立大学附属高等学校卒、1958年東京大学文学部国史学科卒業。61年同大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程中退、東京大学教養学部助手となり、その後、東京大学教養学部助教授、82年同教授となる[1]。1995年に定年退官し、名誉教授、中央大学教授。2004年定年退職[2]。2007年、第2期日韓歴史共同研究委員会・日本側委員長。NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」では監修(脚本諮問委員)を務めた。

NHKアナウンサーの鳥海貴樹は次男。

著作編集

単著編集

  • 『大世界史23 祖父と父の日本』(文藝春秋、1969年)
  • 『「明治」をつくった男たち 歴史が明かした指導者の条件』(PHP研究所、1982年)
  • 『日本近代史講義 明治立憲制の形成とその理念』(東京大学出版会、1988年、新装版2011年)
  • 『日本近代史 国際社会の中の近代日本』(放送大学教育振興会、1992年)、大学教材
  • 明六雑誌と近代日本 (上・下)』(日本放送出版協会、1994-95年)、「シリーズ文化セミナー・歴史に学ぶ」放送テキスト
  • 『日本の近代 国民国家の形成・発展と挫折』(放送大学教育振興会、1996年) 、大学教材
  • 『動きだした近代日本 外国人の開化見聞』(教育出版〈江戸東京ライブラリー〉、2002年)
  • 『日・中・韓・露 歴史教科書はこんなに違う』(扶桑社、2005年)
  • 『もういちど読む山川日本近代史』(山川出版社、2013年)

編著編集

  • 『人物で学ぶ日本の歴史 社会科人物資料集』(学校図書、1992年、新版1994年)
  • 『近代日本の転機 明治・大正編』(吉川弘文館、2007年)
  • 『近代日本の転機 昭和・平成編』(吉川弘文館、2007年)

共著編集

共編著編集

  • 五味文彦高埜利彦)『詳説日本史研究』(山川出版社、1998年、改訂版2008年)
  • 三谷博西川誠矢野信幸)『日本立憲政治の形成と変質』(吉川弘文館、2005年)
  • (五味文彦)『もういちど読む山川日本史』(山川出版社、2009年)

事典・年表類編集

脚注編集

  1. ^ 『駒場1991』
  2. ^ 鳥海靖経歴と業績(鳥海靖先生古稀記念号) 中央史学 2004-03