メインメニューを開く

鳥海龍 秀俊(ちょうかいりゅう ひでとし、本名:佐藤 秀俊(さとう ひでとし)、1965年5月19日 - )は、山形県飽海郡遊佐町出身の元大相撲力士鏡山部屋所属。身長181cm、体重183kg。最高位は東十両9枚目(1993年11月場所)。

目次

人物編集

中学卒業と同時に鏡山部屋に入門し、1981年3月場所に初土俵を踏んだ。最初は出身地に因んだ遊佐を名乗って土俵に上がり、三段目までは順調に出世したものの、怪我のため5場所連続で休場して序二段下位まで落ちるなど苦労した。休場中に験直しとして四股名を本名の佐藤に戻し、復帰場所で序二段優勝を飾る。場所後の打ち上げで烏龍茶を飲んでいる際に四股名の着想を得て、自身に対する復帰祝いも兼ねて鳥海龍に改名。この打ち上げの際に師匠の鏡山からはかつて部屋に所属していた兄弟子の元十両・佐ノ藤清彦に因んで「二代目佐ノ藤を襲名しようか?」とからかわれたという。元々鏡山は四股名にあまり拘りが無かったため「師匠に任せたら恥をかいてしまう」と焦り、咄嗟に自身で四股名を考え出したとも伝わる。徐々に突き押しに威力が増し、幕下上位でも勝ち越せるようになり1993年7月場所に十両に昇進した。しかし、やや立合いが遅いところがあり、十両ではなかなか本来の相撲が取れず4場所在位したのみで1994年3月場所に幕下に陥落した。幕下陥落後は怪我のため低迷し、三段目の土俵が長く続いた。現役晩年は三段目と序二段を往復する生活が続き、2000年1月場所を最後に現役を引退した。引退後は部屋のマネージャーを務めている。

引退後、郷里のイベントで化粧回しなど現役時代の品々を展示することになったが、なぜか断髪した髷が盗まれるという事件に巻き込まれている。

主な戦績編集

  • 生涯成績:401勝360敗62休(114場所)
  • 十両成績:27勝33敗(4場所)

改名歴編集

  • 遊佐 秀俊(ゆざ ひでとし)1981年3月場所-1986年5月場所
  • 佐藤 秀俊(さとう-)1986年7月場所-1987年1月場所
  • 鳥海龍 秀俊(ちょうかいりゅう-)1987年3月場所-2000年1月場所

関連項目編集