メインメニューを開く

鳥鳴海神(とりなるみのかみ)は日本神話に登場する

鳥鳴海神

十七世神 第七代
先代 大国主神
次代 国忍富神

神祇 国津神
全名 鳥鳴海神
神格 神事
大国主神
鳥取神
配偶者 日名照額田毘道男伊許知邇神
国忍富神
神社 多比鹿神社

目次

概要編集

古事記』にのみ登場する国津神で、十七世神(とおまりななよのかみ)の一柱。名前のみの記述である。

名義は「鳥が霊を運ぶ、鳴り響く海」と考えられている[1]

天津日子根命9世孫に三上氏の祖神として同名の鳥鳴海命が見える。

系譜編集

 
大国主の系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神、黄は性別不詳

大国主神八島牟遅能神の娘鳥取神を娶って生んだ神で、日名照額田毘道男伊許知邇神を娶り国忍富神を生んだ。

祀る神社編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新潮日本古典集成 古事記

関連項目編集