』(とり、Gli uccelli )はイタリアの作曲家オットリーノ・レスピーギが、17世紀の楽曲を元に、1927年に作曲した管弦楽組曲である[1]。初演は1927年6月、サンパウロの市立劇場で、作曲者指揮シカゴ交響楽団により行われた。翌1928年にフリッツ・ライナー指揮、シンシナティ交響楽団により2度目の演奏が行われた。

楽器編成編集

フルート2(1奏者はピッコロ持ち替え)、オーボエ1、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、チェレスタハープ弦五部

演奏時間編集

約18分

楽曲構成編集

全5曲からなる。

1.前奏曲
アレグロ・モデラート、イ長調、4/4拍子。
2.鳩
アンダンテ・エスプレッシーヴォ、嬰ヘ短調、3/4拍子。
ドメニコ・ガロクラブサン曲による。
3.牝鶏
アレグロ・ヴィヴァーチェ、イ短調、3/4拍子。
ジャン=フィリップ・ラモーのクラブサン曲『めんどり』による。
4.夜鶯
アンダンテ・モッソ、ハ長調、3/4拍子。
原曲の作曲者不詳。17世紀のヴァージナルのための楽曲による。
5.郭公
アレグロ、イ長調、4/4拍子。
ベルナルド・パスクィーニ(パスキーニ)のピアノ曲『かっこうの鳴き声をもつトッカータ』(Toccata collo schertzo cuccu )による。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 交響詩『ローマの祭り』(1928年)の前年の作品である。