メインメニューを開く

鳩よ!』(はとよ)は、かつて存在した日本の文芸雑誌1983年12月から2002年5月まで、マガジンハウスより発行された。

目次

略歴・概要編集

1983年12月、マガジンハウスが初めて文芸の分野に挑戦し、詩の雑誌として創刊された。題字は当時の取締役社長清水達夫によるもので、1999年11月号からの版形変更による大規模なリニューアルの際にも、これは踏襲された。2002年5月号をもって休刊となった。後継誌は、PR誌としてスタートした『ウフ.』である。

作品の公募では、歌人林あまり小説家島本理生詩人としての奥寺佐渡子(脚本家)、小説家としての住正徳(ライター)らのデビューのきっかけをつくった。

おもな連載編集

その他編集

2000年に『POPEYE』増刊として刊行された『帰ってきたハイスクール!奇面組』において、本誌編集部が協力に関わっていた。

外部リンク編集