鳳凰(ほうおう)は、将棋の一つ。本将棋にはなく、中将棋大将棋天竺大将棋大大将棋摩訶大大将棋泰将棋大局将棋に存在する。

中将棋・大将棋・天竺大将棋編集

中将棋大将棋天竺大将棋ではと略す。成駒は奔王

元の駒 動き 成駒 動き
鳳凰(ほうおう)
     
       
 
 
       
     
縦横に1マスだけ動け、斜めに2マス先に飛び越えて移動できる[1] 奔王(ほんのう)
   
   

   
   
縦横と斜めに何マスでも動ける。飛び越えては行けない。

鳳凰の成駒である奔王は特に強力な駒なので、鳳凰の成りによる性能の強化の幅は大きい。ただ鳳凰の成りのデメリットとして、斜め四方への飛び越しができなくなることには留意する必要がある。

大大将棋・摩訶大大将棋・泰将棋編集

大大将棋摩訶大大将棋泰将棋では成駒は金翅

元の駒 動き 成駒 動き
鳳凰(ほうおう)
     
       
 
 
       
     
縦横に1マスだけ動け、斜めに2マス先に飛び越えて移動できる[2] 金翅(きんし)
       
       
       
 
 
       
       
       
縦に何マスでも行け、斜めに3マス、横に2マスまで行ける。飛び越えては行けない

大局将棋編集

大局将棋では成駒は金翅

元の駒 動き 成駒 動き
鳳凰(ほうおう)
     
       
 
 
       
     
縦横に1マスだけ動け、斜めに2マス先に飛び越えて移動できる。 金翅(きんし)
       
       
    3 3    

       
       
       
縦に何マスでも行け、横と斜め後ろに3マス行け、斜め前に駒を3個まで飛び越えて何マスでも行ける

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 象棋六種之図式』(『雑藝叢書』収録のものによる)では大将棋に動きの説明があるが、斜めに2マス(飛び越えるという表現はない)、横に1マス(縦には動けない)動けるとなっている。
  2. ^ 象棋六種之図式』の泰将棋の解説にも動きが説明されている。ただし鳳凰駒に関しては動きを示す印がつけられておらず、どのような動きが説明されていたかは読み取れない。

参考文献編集

関連項目編集

中将棋の駒(自陣初期配置・括弧内は成駒)
      仲人
(醉象)
        仲人
(醉象)
     
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
横行
奔猪
竪行
飛牛
飛車
(龍王)
龍馬
角鷹
龍王
飛鷲
獅子 奔王 龍王
(飛鷲)
龍馬
(角鷹)
飛車
(龍王)
竪行
(飛牛)
横行
(奔猪)
反車
鯨鯢
  角行
(龍馬)
  盲虎
飛鹿
麒麟
(獅子)
鳳凰
(奔王)
盲虎
(飛鹿)
  角行
(龍馬)
  反車
(鯨鯢)
香車
白駒
猛豹
(角行)
銅将
(横行)
銀将
(竪行)
金将
(飛車)
玉将 醉象
太子
金将
(飛車)
銀将
(竪行)
銅将
(横行)
猛豹
(角行)
香車
(白駒)
大将棋の駒(自陣初期配置・括弧内は成駒)
        仲人
(醉象)
          仲人
(醉象)
       
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
歩兵
(金将)
飛車
(龍王)
飛龍
(金将)
横行
奔猪
竪行
飛牛
角行
(龍馬)
龍馬
角鷹
龍王
飛鷲
奔王 龍王
(飛鷲)
龍馬
(角鷹)
角行
(龍馬)
竪行
(飛牛)
横行
(奔猪)
飛龍
(金将)
飛車
(龍王)
  猛牛
(金将)
  嗔猪
(金将)
  悪狼
(金将)
麒麟
(獅子)
獅子 鳳凰
(奔王)
悪狼
(金将)
  嗔猪
(金将)
  猛牛
(金将)
 
反車
鯨鯢
  猫刄
(金将)
  猛豹
(角行)
  盲虎
飛鹿
醉象
太子
盲虎
(飛鹿)
  猛豹
(角行)
  猫刄
(金将)
  反車
(鯨鯢)
香車
白駒
桂馬
(金将)
石将
(金将)
鐵将
(金将)
銅将
(横行)
銀将
(竪行)
金将
(飛車)
玉将 金将
(飛車)
銀将
(竪行)
銅将
(横行)
鐵将
(金将)
石将
(金将)
桂馬
(金将)
香車
(白駒)