メインメニューを開く

鳳月 杏(ほうづき あん、6月20日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役スター。

千葉県船橋市[1]国府台女子学院中学部出身[1]。身長172cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「ちなつ」、「てね」[1]

目次

来歴編集

2004年4月、宝塚音楽学校入学。

2006年3月、宝塚歌劇団に92期生として入団。入団時の成績は26番。宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台[1]。その後、月組に配属[3]

2013年、「ベルサイユのばら-オスカルアンドレ編-」新人公演で、アンドレ役(本役:龍真咲明日海りお)に抜擢[3][4][5]。入団7年目となる最後のチャンスで新人公演初主演を射止める[3][4]

2014年、「New Wave!-月-」(バウホール公演)で、メインキャストを務める[6]。同年12月28日付で花組へと組替え[6]

2015年、「スターダム」でバウホール公演初主演[6]

2019年4月29日付で、再び古巣の月組へ組替えとなる[7]

2020年、「出島小宇宙戦争」(ドラマシティ・東京建物 Brillia HALL公演)で、東上公演初主演[8]予定。

人物編集

芸名は、好きな映画の中から母と一緒に考えたもの[1]。「鳳」という字が使いたかったのと、「杏」は「ローマの休日」のヒロインの名から命名した[2]

一人っ子[9]。3歳からクラシックバレエを習っており[9]、宝塚に嵌ったのが小学校2年生の頃[10]。テレビで観て大好きになり、母が録画してくれたビデオを毎日観ていた[2]

転機は中学2年時の頃で、身長が伸び始めて将来を考えた時、漠然と「宝塚」が脳裏に浮かぶ[9]。宝塚の劇場公演を見てみようと思い立ち、チケットを買って一人で舞台を観に行った[9]

映像とは感じるものが違ったが、なぜか初めて見た気がせずに親しみを感じ、「ここに入りたい」と、受験を決意[9]

歌などは受験の1年前から始め、「ちょっと挑戦してみようと気楽に受験したので楽しかった」[2]

合格した時は本当にびっくりし、遠くにいた母に「受かった!受かった!」と泣きながら口をぱくぱくさせて喜んだ[10]

主な舞台編集

初舞台編集

  • 2006年3 - 5月、宙組『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』(宝塚大劇場のみ)

月組時代編集

  • 2006年7 - 8月、『暁のローマ/レ・ビジュー・ブリアン』
  • 2007年1 - 4月、『パリの空よりも高く/ファンシー・ダンス』
  • 2007年5月、『ハロー!ダンシング』
  • 2007年8 - 11月、『MAHOROBA/マジシャンの憂鬱』
  • 2008年1月、バウホール『ホフマン物語-オッフェンバックによる-
  • 2008年3 - 7月、『ME AND MY GIRL
  • 2008年9月、日生劇場グレート・ギャツビー
  • 2008年11月 - 09年2月、『夢の浮橋/Apasionado!!』新人公演:宰相中将(本役:星条海斗
  • 2009年3月、シアタードラマシティ・昭和女子大学人見記念講堂『SAUDAGE -Jにまつわる幾つかの所以-』ジョルジュ
  • 2009年5 - 8月、『エリザベート』黒天使/新人公演:エルマー・バチャニー(本役:遼河はるひ青樹泉
  • 2009年10 - 12月、『ラスト・プレイ/Heat on Beat!』新人公演:ローレンス(本役:青樹泉)
  • 2010年2月、バウホール・日本青年館HAMLET!!ギルデンスターン
  • 2010年4 - 7月、『THE SCARLET PIMPERNEL』新人公演:アントニー・デュハースト(本役:青樹泉)
  • 2010年9 - 11月、『ジプシー男爵/Rhapsodic Moon』新人公演:ホモナイ伯爵(本役:青樹泉)
  • 2010年12月 - 11年1月、シアタードラマシティ・日本青年館『STUDIO 54』ピート・ムーン
  • 2011年3 - 5月、『バラの国の王子/ONE -私が愛したものは…-』新人公演:長女(本役:星条海斗)
  • 2011年7 - 10月、『アルジェの男/Dance Romanesque』新人公演:ジャック(本役:龍真咲
  • 2011年11 - 12月、バウホール・日本青年館『アリスの恋人』ヤマネ
  • 2012年2 - 4月、『エドワード8世-王冠を賭けた恋-/Misty Station-霧の終着駅-』フルーティ・メトカーフ/新人公演:ゴドフリー・トーマス(本役:明日海りお
  • 2012年4 - 5月、明日海りおディナーショー『Z-LIVE』
  • 2012年6 - 9月、『ロミオとジュリエット』新人公演:死(本役:珠城りょう
  • 2012年10 - 11月、バウホール・日本青年館『春の雪』洞院宮治典
  • 2013年1 - 3月、『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』ヴェール、ロセロワ(役替わり)/新人公演:アンドレ・グランディエ(本役:明日海りお・龍真咲) 新人公演初主演[3][4][5]
  • 2013年5月、バウホール『月雲の皇子 -衣通姫伝説より-』穴穂皇子
  • 2013年7 - 10月『ルパン-ARSÈNE LUPIN-/Fantastic Energy!』エメット
  • 2013年11 - 12月、全国ツアー『JIN-仁-/Fantastic Energy!』高岡玄斉
  • 2013年12月、天王洲 銀河劇場『月雲の皇子 -衣通姫伝説より-』穴穂皇子
  • 2014年1月、バウホール『New Wave! -月-』 メインキャスト[6]
  • 2014年3 - 6月、『宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』オスカー五等航海士
  • 2014年7 - 8月、日本青年館・シアタードラマシティ『THE KINGDOM』ラトヴィッジ
  • 2014年9 - 12月、『PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』フルート

花組時代編集

  • 2015年3月 - 6月、『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲』マリウス・ベルトラム・ドゥ・シャレット
  • 2015年7月 - 8月、バウホール『スターダム』リアム バウ初主演[6]
  • 2015年10月 - 12月、『新源氏物語/Melodia -熱く美しき旋律-』 夕霧
  • 2016年2月 - 3月、梅田芸術劇場中日劇場『Ernest in Love』アルジャノン/レイン(芹香斗亜と役替わり)
  • 2016年4月 - 7月、『ME AND MY GIRL』ジャッキー(柚香光と役替わり)/ランベス・クイーン(水美舞斗と役替わり)
  • 2016年9月、『仮面のロマネスク/Melodia-熱く美しき旋律-』(全国ツアー)ジェルクール伯爵
  • 2016年11月 - 2017年2月、『雪華抄/金色の砂漠』王ジャハンギール
  • 2017年3月 - 4月、『MY HERO』(赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ)テリー・ベネット
  • 2017年6月 - 8月、『邪馬台国の風/Santé!!〜最高級ワインをあなたに〜』アシラ
  • 2017年10月、『はいからさんが通る』(シアタードラマシティ・日本青年館)青江冬星
  • 2018年1月 - 3月、『ポーの一族』ジャン・クリフォード
  • 2018年5月、博多座あかねさす紫の花/Santé!!~最高級ワインをあなたに~』中大兄皇子(明日海りおと役替わり)/天比古(柚香光と役替わり)
  • 2018年7月 - 10月、『MESSIAH -異聞・天草四郎-/BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』松倉勝家
  • 2018年11月 - 12月、『Delight Holiday』(舞浜アンフィシアター
  • 2019年2月 - 4月、『CASANOVA』コンデュルメル夫人
  • 2019年3月、仙名彩世ミュージック・サロン『Sen-se』

月組時代編集

  • 2019年5月、鳳月杏ディナーショー『NEXT ONE』(宝塚ホテル・第一ホテル東京)
  • 2019年6月、花組『恋スルARENA』(横浜アリーナ) ※6/25のみ特別出演
  • 2019年7月 - 8月、『ON THE TOWN』(梅田芸術劇場)オジー
  • 2019年10月 - 12月、『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』ヴォルフガング・エードラー ※予定
  • 2020年2月 - 3月、『出島小宇宙戦争』(ドラマシティ・東京建物 Brillia HALL) 東上初主演[8]予定

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、19頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d 『RISING STAR GUIDE 2013』阪急コミュニケーションズ、2013年、38-39頁。ISBN 978-4-484-13507-6
  3. ^ a b c d 気持ちいいほどの悪役演じる“ワルの達人”/鳳月杏日刊スポーツ
  4. ^ a b c オスカル役の煌月「頭の中真っ白」デイリースポーツ
  5. ^ a b 宝塚友の会 会員様限定特別イベント 新人公演ステージトーク#97『ベルサイユのばら』-オスカルとアンドレ編-「煌月爽矢・鳳月杏」タカラヅカ・スカイ・ステージ
  6. ^ a b c d e スター・ロングインタビュー#71「鳳月杏」タカラヅカ・スカイ・ステージ
  7. ^ 宝塚月組「ON THE TOWN」開幕 配役変更&役替わりで楽しみ倍増?デイリースポーツ
  8. ^ a b 宝塚月組、スタンダール原作「赤と黒」とスペースオペラ「出島小宇宙戦争」ステージナタリー
  9. ^ a b c d e nikkansports.com 「プレシャス!宝塚」 2013年1月13日「「ベルばら」アンドレに大躍進誓う/鳳月杏
  10. ^ a b 『NEW GENERATION II』阪急コミュニケーションズ、2010年、28頁。ISBN 978-4-484-10517-8

外部リンク編集