鳴沢岳(なるさわだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)北部の後立山連峰にある標高2,641 m[2]長野県大町市富山県中新川郡立山町にまたがり、中部山岳国立公園内にある[3]

鳴沢岳
針ノ木峠から望む鳴沢岳(2019年9月27日撮影)
針ノ木峠から望む鳴沢岳(2019年9月撮影)
標高 2,641[1] m
所在地 日本の旗 日本
長野県大町市
富山県中新川郡立山町
位置 北緯36度34分07秒
東経137度41分44秒
座標: 北緯36度34分07秒 東経137度41分44秒[1]
山系 飛騨山脈後立山連峰
種類 褶曲隆起
鳴沢岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

 
鳴沢岳の南山腹を貫通する関電トンネルで運行されている関電トンネルトロリーバス

黒部ダムの東3.1 kmにあり、JR東日本大糸線信濃大町駅の東北東16.7 kmに位置する。この南山腹を1958年(昭和33年)に黒部川第四発電所の建設のために掘られた関電トンネルが貫通する。現在は立山黒部アルペンルート関電トンネルトロリーバスが運行されている。富山県側と長野県側の両方にある鳴沢の源流部の山である。山名は、長野県側の篭川の支流である鳴沢に由来する[4]。山頂部は溶結凝灰岩からなる[4]。東北東の岩小沢岳との間には「新越乗越」と呼ばれる鞍部があり、そのすぐ東側に新越山荘がある[5]。岩小沢岳からスバリ岳にかけての東面は、東の大町市方面から望むと屏風を立てたように見えることから「屏風」とも呼ばれている[6]

登山編集

登山道編集

後立山連峰の主稜線に沿った登山道が整備されていて、山頂部を通っている。縦走時に通過されることが多く、扇沢駅の東にある登山口から種池山荘の経営者の柏原正康が1966年(昭和41年)7月に開設した柏原新道[7]を通るルートが最短の登山ルートである[8]。扇沢の針ノ木雪渓から入山する経路もある。山頂は三角点がない標高点で森林限界を越える高山帯ハイマツが自生する岩場であり、立山や黒部湖などの360度の展望がある。夏期には、登山道脇に高山植物が見られる。

 
鳴沢岳の山頂、西側に立山連峰
  • 後立山連峰縦走路
親不知が起点となる白馬岳方面 - 爺ヶ岳 - 種池山荘 - 岩小屋沢岳 - 新越山荘(新越乗越) - 鳴沢岳 - 赤沢岳 - スバリ岳 - 針ノ木岳 - 針ノ木小屋(針ノ木峠) - 蓮華岳 - 北アルプスの主稜線の縦走路は槍ヶ岳を経由して焼岳へと続く
  • 柏原新道からのルート
扇沢 - 柏原新道 - 種池山荘 - 岩小屋沢岳 - 新越山荘(新越乗越) - 鳴沢岳
  • 針ノ木雪渓からのルート
扇沢駅 - 大沢小屋 - 針ノ木雪渓 - 針ノ木小屋(針ノ木峠) - 針ノ木岳 - スバリ岳 - 赤沢岳 - 鳴沢岳

新越山荘編集

 
鳴沢岳と赤沢岳との鞍部の新越乗越にある山小屋の新越山荘

最寄りの山小屋は、新越乗越の北東近傍(標高2,465 m)の鳴沢岳の東北東約0.6 kmに位置する新越山荘である[5]1971年(昭和46年)に、種池山荘と冷池山荘の経営者である柏原正康が開設した[9]。収容人数は80人で、キャンプ指定地はない。積雪量の多い地域のため例年7月初旬から9月下旬頃までの営業で、期間外は閉鎖される[10]

小屋が開設される以前の1968年(昭和43年)頃に林野庁が柏原正康と共に現地視察を行い、周辺では登山者の幕営跡で段々畑のようになっていたことを確認した。ゴミが散乱し、周辺の樹木が薪に使われ伐採されていた。その後このゴミ問題などの対策として、林野庁の要請を受けて山小屋を開設した経緯がある[11]。これにより自然保護と登山者の安全が図られた。

周辺の山小屋編集

稜線上には、山小屋キャンプ指定地がある[8][12]。登山シーズン中の一部期間に有人の営業を行っている。登山口の扇沢駅には一般の宿泊施設がある。

画像 名称 所在地 標高
(m)
鳴沢岳からの
方角と距離 (km)
収容
人数
キャンプ
指定地
備考[9]
  種池山荘 柏原新道の稜線との
合流部、種池畔
2,450  東北東 4.1 200 テント20張 1919年開業
  新越山荘 新越乗越の北東近傍 2,465  東北東 0.6 80 なし 1971年開業
  大沢小屋 篭川の大沢出合 1,670  南南東 1.8 20 テント3張 1925年開業
  針ノ木小屋 針ノ木峠 2,536  南 3.5 100 テント22張 1930年開業

地理編集

周辺の山編集

黒部川を挟んで西側の立山連峰と対峙している。周辺の主な山を下表に示す。

山容 山名 標高[1][13]
m
三角点等級
基準点名[13]
鳴沢岳からの
方角と距離(km)
備考
  立山 3,015 (雄山2,991.59 m)
(一等「立山」)
 西 6.8 富山県の最高峰
日本百名山
  爺ヶ岳 2,669.82 二等
「祖父岳」
 東北東 5.4 種池山荘
冷池山荘
日本三百名山
  岩小屋沢岳 2,630.3 三等
「西岳」
 東北東 1.8
  鳴沢岳 2,641   0 新越山荘
  赤沢岳 2,677.8 三等
「牛小屋沢」
 南西 1.0
  スバリ岳 2,752  南南西 2.9
  針ノ木岳 2,820.6 三等
「野口」
 南南西 3.6 針ノ木小屋
日本二百名山
 
画像の詳細
鳴沢岳の周辺の山
立山の雄山から望む後立山連峰、左から爺ヶ岳、岩小屋沢岳、鳴沢岳、赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳

源流の河川編集

以下が源流となる河川で、日本海へ流れる[8][2]

  • 鳴沢・新越沢 (黒部川支流で黒部湖に流れる。新越沢と黒部川の出合い付近には、新越の滝がある。)
  • 篭川の支流の鳴沢ろ赤沢 (高瀬川の支流)

鳴沢岳の風景編集

鳴沢岳からの眺望編集

高山帯の山頂岩場からは360度の展望が得られ、黒部湖の対岸に立山と剱岳を望むことができる。  ウィキメディア・コモンズには、鳴沢岳から眺望に関するカテゴリがあります。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 日本の主な山岳標高(富山県)”. 国土地理院. 2011年9月15日閲覧。
  2. ^ a b 地図閲覧サービス(鳴沢岳)”. 国土地理院. 2011年9月15日閲覧。
  3. ^ 中部山岳国立公園区域の概要”. 環境省. 2011年9月15日閲覧。
  4. ^ a b 日本山岳会『新日本山岳誌』ナカニシヤ出版、2005年11月、889頁。ISBN 4-779-50000-1
  5. ^ a b 地図閲覧サービス(新越乗越山荘)”. 国土地理院. 2011年9月15日閲覧。
  6. ^ 『日本の山1000』山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1992年8月、387頁。ISBN 4635090256
  7. ^ 中西俊明『白馬・後立山連峰』山と溪谷社〈ヤマケイ アルペンガイド9〉、2008年5月、111頁。ISBN 9784635013536
  8. ^ a b c 『鹿島槍・五竜岳』昭文社〈山と高原地図 2011年版〉、2011年3月。ISBN 9784398757753
  9. ^ a b 柳原修一『北アルプス山小屋物語』東京新聞出版局、1990年6月、110-115頁。ISBN 4808303744
  10. ^ 山荘案内”. 新越山荘. 2011年9月15日閲覧。
  11. ^ 『北アルプス山小屋案内』山と溪谷社、1987年6月、42頁。ISBN 4635170225
  12. ^ 『山と溪谷2011年1月号付録(山の便利手帳2011)』山と溪谷社、2010年12月、159頁、ASIN B004DPEH6G。
  13. ^ a b 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2011年9月15日閲覧。

関連項目編集