メインメニューを開く
鳶山崩れの位置(100x100内)
 
 
常願寺川
鳶山崩れ
Arrow northwest.svg 鳶山
鳶山崩れ周辺の地形図

鳶山崩れ(とんびやまくずれ)は、1858年4月9日安政5年2月26日)の飛越地震により発生した、立山連峰鳶山山体崩壊である。鳶崩れ(とんびくずれ)[1]大鳶崩れ(おおとんびくずれ)ともいう。

1707年静岡県で起きた大谷崩れ1911年長野県で起きた稗田山崩れとともに、日本三大崩れのひとつとされる。

目次

概要編集

1858年4月9日(安政5年2月26日)、越中飛騨国境(現在の富山岐阜県境)の跡津川断層を震源とする飛越地震が発生した。地震の規模は マグニチュード 7.1と推定されている[2]

地震により立山連峰の鳶山が山体崩壊を起こした。鳶山には大鳶山と小鳶山のふたつのピークがあったが、山体崩壊により大鳶山と小鳶山は完全に消滅し、立山カルデラに大量の土砂が流れ込んだ。カルデラ内の立山温泉では湯治客[要出典]と普請作業に従事していた人足が土石流に巻き込まれて死亡した[1]

 
鳶山崩れの跡。かつては中央部に山があった。

常願寺川神通川黒部川などでは河道閉塞が発生した。特に常願寺川の河道閉塞は飛越地震の余震などで決壊し、下流に大きな被害を与えた。

崩壊土砂量は全量で4.1億m3と推定され[3]、地震性の山体崩壊として、判明している分では有史以来日本最大規模のものである。

その後も土砂の流出で度々土砂災害が発生しており、立山カルデラでは現在も砂防工事が行われている。カルデラ内に残存している土砂の量は21世紀初頭の時点で約2億m3で、これは仮にすべて流出したとすると富山平野が厚さ2mの土砂で覆われてしまう程の量である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 伊藤、p.1。
  2. ^ 『ふるさと富山歴史館』p284
  3. ^ 飛越地震による土砂災害 (PDF)

参考文献編集

  • 伊藤和明「飛越地震と立山鳶崩れ」『予防時報』第217巻、社団法人損害保険協会、2004年3月、 1-3頁、2018年12月23日閲覧。

関連項目編集