メインメニューを開く

鴻池 新十郎(こうのいけ しんじゅうろう、1871年4月2日明治4年2月13日) - 1929年昭和4年)10月15日)は、鴻池財閥総裁、10代目鴻池善右衛門の次男。

経歴編集

大阪生まれ。幼名は善九郎。1888年(明治21年)慶應義塾に入学したが、病気退学。1900年(明治33年)同族の和泉町の鴻池家を相続し新十郎を襲名。鴻池銀行大阪倉庫の監査役に就任。豪商の子弟にあって庶民的な性格で知られていた。

参考文献編集