メインメニューを開く

鵜ノ子(うのこ)は、新潟県新潟市江南区及び中央区町字。現行行政地名は鵜ノ子一丁目から鵜ノ子五丁目と大字鵜ノ子で、大字鵜ノ子の一部は中央区に属する。住居表示は一丁目から五丁目が実施済み区域、大字が未実施区域[4]郵便番号は950-0157[2]

鵜ノ子
鵜ノ子の位置(新潟市内)
鵜ノ子
鵜ノ子
鵜ノ子の位置
鵜ノ子の位置(新潟県内)
鵜ノ子
鵜ノ子
鵜ノ子の位置
北緯37度53分7.29秒 東経139度5分4.15秒 / 北緯37.8853583度 東経139.0844861度 / 37.8853583; 139.0844861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Niigata Prefecture.svg 新潟県
市町村 Flag of Niigata, Niigata.svg 新潟市
江南区(大字の一部、丁目)
中央区(大字の一部)
人口
2018年(平成30年)1月31日現在)[1]
 • 合計 534人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
950-0157[2]
市外局番 025 (新潟MA)[3]
ナンバープレート 新潟

概要編集

1889年(明治22年)から現在までの大字。及び1982年(昭和57年)から現在までの町名[5]。小阿賀野川右岸、山崎排水路流域に位置する[5]

もとは江戸時代から1889年(明治22年)まであった鵜子村の区域の一部で、地名は鵜の生息地だったことにちなむ[5]。かつて北西に約6haの鵜子潟があり、用排水源、舟交通路だったが、第二次世界大戦後に埋め立てられて水田となった[5]

隣接する町字編集

北から東回り順に、以下の町字と隣接する。

歴史編集

開発年代については、1580年(天正8年)や1640年(寛永17年)とする資料があるが、慶長年間であるとする説が有力とされる。

分立した町字編集

1889年(明治22年)以後に、以下の町字が分立。

早苗(さなえ)
1982年(昭和57年)に分立した町字[6]

年表編集

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
江南区 鵜ノ子一丁目 100世帯 245人
鵜ノ子二丁目 100世帯 223人
鵜ノ子三丁目 12世帯 34人
鵜ノ子四丁目 15世帯 32人
227世帯 534人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
鵜ノ子(江南区・中央区) 全域 新潟市立亀田西小学校 新潟市立亀田西中学校
鵜ノ子一丁目 全域
鵜ノ子二丁目 全域
鵜ノ子三丁目 全域
鵜ノ子四丁目 全域
鵜ノ子五丁目 全域

主な企業・施設編集

交通編集

道路編集

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 (全市・区役所・町名別) - 町名別住民基本台帳人口”. 新潟市 (2018年2月13日). 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月5日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ 町名一覧表”. 新潟市 (2017年7月20日). 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ a b c d 角川地名15、p.211
  6. ^ 角川地名15、p.610
  7. ^ 通学区域一覧(町名別五十音索引)”. 新潟市 (2017年4月1日). 2018年3月5日閲覧。

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 編纂委員会『角川日本地名大辞典 15 新潟県』(株)角川書店、1989年10月8日。ISBN 4-04-001150-3