鵜殿村

日本の三重県南牟婁郡にあった村

鵜殿村(うどのむら)は、かつて三重県南牟婁郡にあった。三重県最南端にあり、東紀州地域に含まれていた。廃止されるまで日本で一番面積の小さい村で、また日本で一番人口密度の高い村でもあった。大字はなく、小字はあったものの行政地名ではなかったため、住所の表記では村名の次に地番がきた。

うどのむら
鵜殿村
Udonoport.jpg
鵜殿港
Flag of Udono Mie.JPG
鵜殿村旗
廃止日 2006年1月10日
廃止理由 新設合併
鵜殿村、紀宝町 → 紀宝町
現在の自治体 紀宝町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
南牟婁郡
団体コード 24564-0
面積 2.88km2
総人口 4,852
(2004年)
隣接自治体 新宮市紀宝町
村の木 クスノキ
村の花 スイセン
鵜殿村役場
所在地 519-5701
三重県南牟婁郡鵜殿村324番地
鵜殿村役場
外部リンク 鵜殿村(Internet Archive)
座標 東経136度1分1秒
北緯33度43分7秒
西南端に存在
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

熊野川の河口に位置し、熊野川をはさんで和歌山県新宮市と接する小さな村で、同市のベッドタウンであり、紀州製紙の工場が村域の一割ほどをも占める企業城下町であった。2006年(平成18年)1月10日に紀宝町と合併し、新しい紀宝町の一部となった。合併後、鵜殿村役場の庁舎は紀宝町役場の庁舎として利用されている。

地理編集

三重県最南端、熊野川の河口に位置する。村の面積は小さく河口近くのわずかな部分を占めるのみである。

隣接していた自治体編集

歴史編集

  • 1894年(明治27年)2月13日 - 宇和野村が分割され、大字鵜殿の区域をもって発足。
  • 1951年(昭和26年)5月 - 紀州製紙パルプ株式会社(のちの紀州製紙)紀州工場が操業開始。
  • 2006年(平成18年)1月10日 - 紀宝町と合併し、改めて紀宝町が発足。同日鵜殿村廃止。

産業編集

  • 紀州製紙(現・北越紀州製紙)の製紙工場により栄えていた。製紙工場に隣り合って鵜殿港がある。
  • また面積が日本一小さな村で有名となり、記念観光で訪れる人も多かった。

教育編集

小学校編集

中学校編集

幼稚園・保育園編集

図書館編集

交通編集

 
鵜殿駅

鉄道編集

村を東海旅客鉄道(JR東海)の紀勢本線が走り、鵜殿駅が置かれている。鵜殿駅から紀州製紙工場まで専用線が延びている。(現在は廃線している)

道路編集

関連項目編集

外部リンク編集