メインメニューを開く

鵯越

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

神戸市の鵯越編集

兵庫県神戸市兵庫区の市街地から、北区山田町下谷にある高尾山の中腹を経て、北区山田町藍那に至る道[1][2]。周辺に以下の地名や施設がある。

鵯越の逆落とし編集

 
海北友松筆『源平合戦絵図』第四巻より、「鵯越の逆落とし」の場面。江戸時代赤間神宮

平安時代末期の一ノ谷の戦いにおける奇襲「鵯越の逆落とし」で知られる[2]が、その場所は須磨区垂水区の境界にある鉄拐山の南東斜面にあたるとの説もあり[1][3]ウィキペディア日本語版はこの説によっている。

また、この史話による文部省唱歌「鵯越」がつくられ、1912年尋常小学唱歌 第三学年用』、1932年新訂尋常小学唱歌 第三学年用』に収載された[4]

五島列島の鵯越編集

長崎県五島市奈留町奈留島北東部ので、同島の最高峰標高276.0m[5]

脚注編集

[ヘルプ]

座標: 北緯34度41分 東経135度8分 / 北緯34.683度 東経135.133度 / 34.683; 135.133