メインメニューを開く
雄鶏の頭部にある鶏冠

とさか(鶏冠)とは、などのキジ科の一部の鳥にみられる頭上の肉質の冠状突起である[1]。形状によって、単冠・ばら冠・クルミ冠・えんどう冠などのバリエーションがある。雌鶏より雄鶏(en:rooster)のほうが大きくなる。

毛細血管が発達しており、体温調節に使用されている。

目次

ギャラリー編集

用途編集

 
スペイントーロで撮られた料理に使われる鶏冠の写真
料理
イタリア料理[2]スペイン料理フランス料理中国料理で食材として使用される。フランス料理を発展させたイタリア人貴族カトリーヌ・ド・メディシスがフランスに伝えたとされる[3]
ヒアルロン酸の抽出
鶏冠はヒアルロン酸抽出原料でもある[4][5]

出典編集

  1. ^ 鶏冠(コトバンク)
  2. ^ Giuliano Bugialli, The Fine Art of Italian Cooking, 1977, p. 88. 0-8129-1838-X
  3. ^ Catherine de Médicis à la base de la gastronomie française (リエージュ大学)
  4. ^  FOCUS Online: Hyaluronsäure soll verschlissene Gelenke füllen. In: FOCUS Online. (http://www.focus.de/gesundheit/ratgeber/gelenkschmerzen/therapie/medikamente/hyaluronsaeure_aid_8160.html).
  5. ^ HYALURONSÄURE (SUPLASYN U.A.): WAS IST BELEGT?- arznei telegramm. Abgerufen am 13. Mai 2017.

関連項目編集