鶯歌春』(おうかしゅん)は宝塚歌劇団舞台作品。雪組[1]公演。

形式名は「ミュージカル・ロマン[1]」。15場[1]

併演作品は『マンハッタン・ラグ[1]』。

宝塚大劇場1977年2月18日から3月23日まで[1](新人公演:3月4日[2])公演された。東京では未公演。

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[1]を参照

フランスの作家・ピエール・コルネイユの「ル・シッド」の物語を、中国に舞台を置き換えた恋愛作品。

東千晃が星組から異動して、初めて汀夏子とコンビを組んだ作品。

物語編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ[1]を参照

北宋の首都、開封の宮殿と戦塵にまみれた大平原を舞台に、父親同士の反目から恋人・李鶯蓮の父を殺してしまった若者・趙永徳が数々の試練を乗り越えてハッピーエンドに辿り着くまでを描いている。

主な配役編集

※「()」の人物は新人公演

スタッフ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 100年史(舞台) 2014, p. 144.
  2. ^ a b c 100年史(舞台) 2014, p. 295.
  3. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 196.
  4. ^ a b c d e f 100年史(人物) 2014, p. 197.

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0