鶴久 政治(つるく まさはる、1964年昭和39年〉3月31日 - )は、日本ミュージシャンタレント。元チェッカーズのサイドボーカル。プロシード傘下事務所ボールド所属。

鶴久政治
別名 MASAHARU、Special Tsuruku
生誕 (1964-03-31) 1964年3月31日(59歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県久留米市
学歴 第一経済大学 中退
ジャンル J-POP
職業 ミュージシャン
タレント
担当楽器 ボーカルキーボード
活動期間 1983年 -
事務所 ボールド
共同作業者 チェッカーズ
公式サイト 鶴久政治オフィシャルサイト

略歴・人物 編集

福岡県久留米市で青果商を営む家に出生。血液型はA型。久留米市立南筑高等学校を卒業後、第一経済大学(現:日本経済大学)へ進学したが、チェッカーズ加入とデビューに伴う上京とブレイクにより中退。サイドボーカルとして高音(ファルセット)を、曲によってはキーボードを担当。1986年秋、チェッカーズがオリジナル楽曲路線に変更後には『WANDERER』『Jim&Janeの伝説』『Room』『Cherie』『Friends and Dream』『夜明けのブレス』『ミセス マーメイド』など、藤井尚之サックス担当)とともにチェッカーズの作曲面を支えた。

1992年のチェッカーズ解散後、大半のメンバーがチェッカーズ当時の事務所を離れた中で事務所に残り、ソロ歌手・タレントとして競艇場ライブやものまね番組等で活動。だが後年事務所が業務内容を変更(チェッカーズの肖像権・楽曲著作権管理のみの会社となりタレントマネジメントから撤退)したため、一時藤村俊二の事務所、オフィス・オヒョイに所属したが、2003年にチェッカーズ時代の盟友高杢禎彦が当時所属した事務所に移籍。しかしこの事務所も2006年に入り芸能マネジメント業から撤退。スイートルームを経てボールドへ移籍。

音楽面でのソロ活動 編集

チェッカーズ時代、メンバーの中でソロ活動に最も力を入れた。チェッカーズ在籍中に、シングル7枚とアルバム2枚をリリース。その際、鶴久政治名義ではなく、MASAHARU名義で活動した。高橋リナとの男女デュエットユニットMASARINAとしても活動。シングル2枚とアルバム1枚をリリース。

ソロシングル曲はチェッカーズ解散後リリースしたシングルとともに、ポニーキャニオンから発売されたベスト・アルバム『Graffiti ‐鶴久政治ベスト‐』に収録。

ポニーキャニオンの契約終了後、CDは旧所属事務所のマキシマム・エンターテイメントのインディーズレーベルからリリース。2004年12月、チェッカーズ時代の楽曲をカバーしたミニ・アルバム『THE WIND KNOWS MY NAME』をリリース。他のアーティストへの楽曲提供も行っている。

STU48に楽曲提供した「花は誰のもの?」(2022年4月発売)が44万枚を超える売上となるロングヒットを記録、ヒットメーカーとしての存在感を示した[1]

2023年4月28日、ソロ名義でリリースした作品及びデュエット企画で発表した全81曲をサブスク配信開始[2]

エピソード 編集

未成年時代から喫煙者であったというメンバーが多いチェッカーズの中で、唯一、タバコも両方嗜まなかった。その理由は「ファルセットを出すために喉を守ることと、酒が元来ダメだったこと」と述べている。

チェッカーズ全盛期には追っかけが実家の青果商にまで押しかけ、営業に支障が出たことも度々あったという。

メンバー内では藤井郁弥武内享高杢禎彦大土井裕二が鶴久より1歳年上で、徳永善也藤井尚之が1学年下と鶴久1人が真ん中に挟まれる格好になっていた。

チェッカーズでドラムスを担当していた徳永善也が40歳の若さで亡くなった時に、ワイドショーに高杢と出演した。司会者からチェッカーズ元メンバー同士の確執に触れられると「今、こんな時なのに。命よりも重い確執ってあるんですかね?」と嘆き涙した。

伝説的お色気番組の『ギルガメッシュないと』の7代目司会を務めたが、本人はお色気下ネタが苦手である。

光GENJI諸星和己とは25年来親交がある。[注釈 1]2015年6月17日に発売された諸星のソロ活動20年記念のシングル「あさきゆめみし」では、プロデュースと作曲を務めた。

シングル 編集

  1. 貴女次第(1989年2月8日)以降、MASAHARU名義で活動
  2. 暴れる女神(1989年6月7日)
  3. Angel Eyes(1989年10月4日)
  4. Girl(1990年2月21日)
  5. サドルシューズの砂(1990年5月21日)
  6. 明日に向かって走れ(1990年9月21日)
  7. 君に逢いたかった(1991年5月21日)
  8. いい人でいられない(1991年10月23日)MASARINA名義
  9. 世界で1番近くにいて(1992年2月21日)MASARINA名義
  10. あの夏の笑顔に(1993年7月7日)以降、鶴久政治名義で活動
  11. Bye Bye Bye(1993年10月21日)
  12. きみがいるから(1994年7月21日)
  13. シンネコしましょう(1994年11月21日)マサハル&ナミコ名義
  14. ないないBaby(1995年11月17日)以降、鶴久政治名義で活動
  15. 想い(2004年1月22日)
  16. 雨あがりの風(2007年4月18日)
  17. 結風 むすぶ風〜あなたへ〜(2010年4月21日)(配信限定)

アルバム 編集

  1. Lovin' Spoonful(1989年2月8日)MASAHARU名義
  2. Timely(1990年2月21日)MASAHARU名義
  3. MASARINA(1992年4月8日)MASARINA名義
  4. I'm Your Home(1993年11月19日)以降、鶴久政治名義
  5. MOVE ON! BEST OF MASAHARU(1997年3月21日)ベスト・アルバム
  6. THE WIND KNOWS MY NAME(2005年3月4日)ミニ・アルバム
  7. Graffiti ‐鶴久政治ベスト‐(2016年3月31日)ベスト・アルバム

ビデオアルバム 編集

 JUMP(1991年)ファンクラブ通販限定

提供楽曲 編集

他多数

出演 編集

映画 編集

テレビドラマ 編集

バラエティ番組 編集

著書 編集

  • 『片付けで人生が変わる! 鶴久政治流おそうじのススメ』(2015年、宝島社

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ きっかけは、歌番組の収録でチェッカーズの楽屋に光GENJIが挨拶に来るが、諸星だけがチェッカーズの楽屋に残って寝てしまう。そんな諸星にチェッカーズのメンバーは「メンバー内の競争が激しい中、自分たちの楽屋でリラックスしている」と諸星を可愛がり、その中でも鶴久が一番可愛がっていた。芸歴でも年齢でも本来は鶴久が先輩だが、それを感じさせない諸星の大きな態度に苦笑いしながら、諸星の暴走を止めるツッコミ役となっている。また、鶴久は諸星のプロデュースの条件として、光GENJI時代と同じ様にローラースケートで踊る事を挙げた。
  2. ^ 反省内容を紹介したのが10月26日放送分で、その前の10月12日、10月19日放送分にも出演している。

出典 編集

  1. ^ STU48、話題の8thシングル『花は誰のもの?』が史上最高の累計出荷枚数 約44万枚突破が決定”. エンタメNEXT. 2023年2月23日閲覧。
  2. ^ 元チェッカーズ鶴久政治、ソロ作品とデュエット企画全81曲がサブスク配信開始”. CDJournalニュース. シーディージャーナル (2023年4月28日). 2023年5月13日閲覧。

外部リンク 編集