メインメニューを開く

鶴岡インターチェンジ

日本の山形県鶴岡市にある山形自動車道のインターチェンジ

鶴岡インターチェンジ(つるおかインターチェンジ)は、山形県鶴岡市小淀川にある山形自動車道インターチェンジである。鶴岡本線料金所を併設する。

鶴岡インターチェンジ
鶴岡本線料金所
一般料金所
一般料金所
所属路線 E48 山形自動車道
IC番号 12
料金所番号 27-570(本線)
27-579(出入口)
本線標識の表記 国道7号標識 鶴岡・日本海東北道新潟
起点からの距離 23.8km(湯殿山IC起点)
櫛引PA (10.8km)
(1.8km) 鶴岡JCT
接続する一般道 国道7号標識国道7号
供用開始日 1997年平成9年)10月30日
通行台数 2,464台/日(2005年)
所在地 997-0853
山形県鶴岡市小淀川
テンプレートを表示
山形側から撮影
鶴岡本線料金所
山形側から撮影

目次

概要編集

鶴岡市街および同市藤島町域などの最寄りインターチェンジ。隣の庄内あさひIC庄内空港ICに料金所が設置されていないため、本線上に本線料金所が設置されている。酒田方面は鶴岡IC - 日本海東北自動車道庄内空港ICの料金、山形方面は鶴岡IC - 庄内あさひICの料金を支払う。

酒田方向から流出する車で現金支払いの場合は自動精算機(均一料金精算タイプ)で精算する[1]

隣の鶴岡JCTは、日本海東北自動車道・あつみ温泉方面と山形自動車道・湯殿山方面は接続されていないハーフジャンクションであり、湯殿山方面から日本海東北道・新潟方面へ向かう場合は当ICでいったん高速道路から流出し、国道7号経由で鶴岡西ICから流入することになる。なお危険物積載車両の場合はあつみ温泉IC - 鶴岡西IC間に通行禁止のあつみトンネルがあるため、当ICで高速道路走行を終え、国道7号をそのまま走行することとなる。

歴史編集

周辺編集

大型のショッピングセンターや新興住宅地が広がる。

接続する道路編集

料金所編集

  • ブース数:10

本線料金所編集

  • ブース数:4
山形・仙台方面
酒田・秋田方面
  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

一般料金所編集

  • ブース数:6

入口編集

  • ブース数:3
山形・仙台方面
  • ETC専用:1
  • 一般:1
酒田・秋田方面
  • ETC/一般:1

出口編集

  • ブース数:3
山形・仙台方面から
  • ETC専用:1
  • 一般:1
酒田・秋田方面から
  • ETC/一般:1

編集

E48 山形自動車道
(11)庄内あさひIC - 櫛引PA - (12)鶴岡IC/TB - (17)鶴岡JCT

注釈・出典編集

注釈編集

  1. ^ 現在は日本海東北自動車道あつみ温泉IC - 鶴岡JCT間の開通に伴い、鶴岡JCT - 酒田みなとIC間が「日本海東北自動車道」に名称変更されている[2]

出典編集

  1. ^ 料金精算機の設置箇所と支払い方法
  2. ^ 日本海沿岸東北自動車道 あつみ温泉IC〜鶴岡JCT間が平成24年3月24日(土)に開通します 〜 山形県内初の日本海沿岸東北自動車道の開通区間 〜”. 国土交通省 東北地方整備局 酒田河川国道事務所/東日本高速道路株式会社 東北支社 鶴岡工事事務所 (2012年2月2日). 2017年1月4日閲覧。
  3. ^ 山形県の高速道路 (PDF)”. 山形県 県土整備部 道路整備課 高速道路整備推進室. p. 2 (2015年7月). 2017年1月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集