メインメニューを開く

鶴岡信用金庫(つるおかしんようきんこ、英語TSURUOKA SHINKIN BANK)は、山形県鶴岡市に本店を置く、山形県最大手の信用金庫である。庄内地方に支店を展開する。

鶴岡信用金庫
TSURUOKA SHINKIN BANK
種類 信用金庫
略称 つるしん
本店所在地 日本の旗 日本
997-0035
山形県鶴岡市馬場町1-14
設立 1926年大正15年)11月11日
(有限責任鶴岡庶民信用組合)
業種 金融業
法人番号 2390005003899
金融機関コード 1142
事業内容 協同組織金融機関
代表者 加藤捷男(会長
佐藤祐司(理事長
従業員数 196名
(2016年3月31日現在)
支店舗数 19店
(2016年3月31日現在)
会計監査人 新日本有限責任監査法人
外部リンク 鶴岡信用金庫
テンプレートを表示
鶴岡信用金庫のデータ
法人番号 2390005003899
貸出金残高 833億96百万円
預金残高 1,793億5百万円
特記事項:
(2016年3月31日現在)
テンプレートを表示

概要編集

2008年3月17日、酒田市に本店を置いていた酒田信用金庫と対等合併した[1]

合併は2005年6月、酒田信金が鶴岡信金に申し入れたが、この際には酒田信金において、酒田駅前再開発を予定していた不動産会社(2006年3月破産)に対する多額の融資が不良債権化していた状況もあり、合併実現には至らなかった。

その後、2006年2月、酒田信金が経営陣を一新。信金中央金庫から理事長を招聘したほか、約60億円の優先出資を受け、不良債権処理を進めた。これによって改めて2007年に入り、酒田信金が不良債権処理の目途が立ったとして鶴岡信金に合併を申し入れ、2008年3月17日に合併。新「鶴岡信用金庫」が発足した[2]

定款上の営業区域は、鶴岡市、酒田市、庄内町三川町遊佐町の庄内地方全自治体に加え、新潟県村上市のうち、旧岩船郡山北町の区域が定めている。

建築から59年が経過し老朽化したため、建て替えを進めていた本店営業部が、2019年2月25日に開業した。新営業部は全面ガラス張りのデザインによる3階建てで、延床面積は1655平方メートル。2階には事業継続計画に対応するため、自家発電装置も設置した。総事業費は10億円[3]

沿革編集

  • 1926年(大正15年)11月 - 産業組合法に基づき「有限責任鶴岡庶民信用組合」として設立。
  • 1951年(昭和26年)
    • 2月 - 「荘内信用組合」と合併し、「鶴岡信用組合」に改称。
    • 10月 - 信用金庫法に基づく「鶴岡信用金庫」となる。
  • 1960年(昭和35年)1月 - 本店新築。
  • 1966年(昭和41年)12月 - 営業地域を酒田市、飽海郡まで広げ庄内全域とする。
  • 1973年(昭和48年)6月 - 営業地域を新潟県山北町(現:村上市)まで拡大する。
  • 1975年(昭和50年)11月 - 創業50周年 鶴岡信用金庫学事体育振興基金設立。
  • 1976年(昭和51年)4月 - 東北地区信金共同事務センターに加入し、オンラインが稼動。
  • 1980年(昭和55年)3月 - 新本部棟竣工。
  • 1995年(平成7年)11月 - 創業70周年。 
  • 2004年(平成16年) - 国民生活金融金庫、商工組合中央金庫、中小企業金融金庫と業務協力、提携開始。
  • 2005年(平成17年)11月 - 創業80周年。
  • 2007年(平成19年)2月 - パーソナル店舗、フルバンキング店舗分け、店舗機能を明確化。
  • 2008年(平成20年)3月 - 酒田信用金庫と合併。
  • 2009年(平成21年)11月 - 近隣店舗への統合に伴い、大西支店・酒田中央支店・酒田北支店を廃店。
  • 2015年(平成27年)
  • 2016年(平成28年)
    • 4月 - 若手経営者塾 マネジメントキャンパスを開設[6]
    • 4月27日 - 村上信用金庫(本店:新潟県村上市)と連携協定締結[7]
    • 11月7日 - 南支店を本店営業部に統合、湯野浜支店と温海支店を有人出張所に降格。さらに酒田支店を営業部に昇格。
  • 2018年(平成30年)4月5日 - 鹿児島相互信用金庫(本店:鹿児島市)と広域交流事業に関する覚書を締結[8]
  • 2019年(平成31年)

若手経営者塾 マネジメントキャンパス編集

2016年4月、庄内において経営者が高齢化し減少していることや、時代の変化に対応できず業績不振に陥り、倒産する企業も多い状況を踏まえ、若手経営者に奮起を促し、人脈やノウハウを提供することを目的に開講した。塾長には東北公益文科大学の平尾清教授を招き、地元の経済人等を講師として成長戦略の策定や様々な講座を設けた[10]。2019年4月からは第4期生の講座が開講する。

totoの払い戻し店編集

スポーツ振興くじ(toto)当選券の払い戻し店は以下の店舗でのみ取り扱う。

  • 本店営業部
  • 酒田営業部

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ “新「鶴信金」スタート 酒信金と合併 預金残高で県内最大”. 荘内日報. (2008年3月18日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2008:03:18:1941 2016年1月28日閲覧。 
  2. ^ 「鶴岡信金 酒田信金が合併へ 対等で基本合意 同業種で県内一」『読売新聞』山形版 2007年6月2日
  3. ^ 鶴岡信金が新本店営業部、10億円投資 自家発電や井戸も”. 日本経済新聞 (2019年2月25日). 2019年2月27日閲覧。
  4. ^ “「山形創生ファンド」創設 山形銀など”. 河北新報. (2015年6月3日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150603_52040.html 2016年4月30日閲覧。 
  5. ^ “鶴岡信金にロボットのペッパーさん 県内の金融機関で初採用”. 山形新聞. (2015年9月16日). http://yamagata-np.jp/news/201509/16/kj_2015091600380.php 2016年1月24日閲覧。 
  6. ^ “鶴岡信金「若手経営者塾」、4月に開設 奥田シェフら5講師招く”. 山形新聞. (2016年1月9日). http://yamagata-np.jp/news/201601/09/kj_2016010900149.php 2016年1月24日閲覧。 
  7. ^ “鶴岡信金、村上信金と連携協定 県境超え共に活力”. 山形新聞. (2016年4月28日). http://www.yamagata-np.jp/news/201604/28/kj_2016042800579.php?keyword=%E9%B6%B4%E5%B2%A1%E4%BF%A1%E7%94%A8%E9%87%91%E5%BA%AB 2016年4月30日閲覧。 
  8. ^ “戊辰戦争で敵対、薩摩・庄内の信金タッグ 維新150年記念 鹿児島相互と鶴岡、広域交流”. 日本経済新聞. (2018年4月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29059160V00C18A4LX0000/ 2018年4月13日閲覧。 
  9. ^ “鶴岡など日本海側の4信金協定 成功事例、ノウハウ共有”. 山形新聞. (2019年3月5日). http://yamagata-np.jp/news/201903/05/kj_2019030500074.php 2019年3月16日閲覧。 
  10. ^ 「山形経済ナビ 庄内で若手経営者塾 鶴岡信金 事業者減 危機打開へ」『読売新聞』山形版 2016年2月4日

外部リンク編集