鶴岡政男

1907-1979, 画家

鶴岡 政男(つるおか まさお、1907年2月16日 - 1979年9月27日)は、昭和時代に活躍した日本画家群馬県高崎市出身。晩年は東京都台東区谷中で暮らした。

鶴岡政男

概要編集

人間の根源を極限まで追求した独自の画風を展開。「事ではなく物を描く」という主張は、画壇にセンセーショナルを巻き起こした。

作品を売却して収入を得ることをほとんどしなかっため、焼き鳥屋台や衣装デザインの仕事の傍ら絵を描き続けた。抽象画で強い印象を与えた一方で、具象的な絵も残している。晩年はほぼ失明状態となったが、病院のベッドの上で上で描き続けた。1979年9月27日、肺がんのため東京都台東区の下谷病院で死去。73歳[1]

経歴編集

  • 1923年頃 - 太平洋画会研究所で絵を学ぶ。
  • 1931年頃 - 井上長三郎らとNOVA美術協会を結成
  • 1943年 - 松本竣介靉光らと新人画会を結成
  • 戦後は自由美術家協会に合流
  • 1954年 - 第1回現代日本美術展佳作賞
  • 1963年 - 第7回日本国際美術展優秀賞

作品編集

  • 「髭の連作」
  • 「落下する人体」
  • 「夜の祭典」
  • 「喰う」
  • 「重い手」
  • 「リズム」

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 訃報欄 鶴岡政男氏(つるおか・まさお)=画家、自由美術協会委員『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月28日朝刊 13版 23面