鶴崎 裕雄(つるざき ひろお、1935年 - )は、国文学者、帝塚山学院大学名誉教授。

経歴編集

大阪市生まれ。関西大学文学部卒。1988年「戦国期における寄合文芸の研究」で関西大学文学博士帝塚山学院短期大学教授。帝塚山学院短期大学学長。帝塚山学院大学人間文化学部教授、2006年定年退任、名誉教授。

著書編集

  • 『戦国の権力と寄合の文芸』和泉書院 1988
  • 『戦国を往く連歌師宗長』角川叢書 2000
  • 『地域文化の歴史を往く 古代・中世から近世へ』編 和泉書院 2012

校訂編集

参考編集