メインメニューを開く

鶴来町(つるぎまち)は、石川県の南に位置し、石川郡に属していた金沢市南郊の。金沢市への通勤率は29.7%(平成12年国勢調査)。

つるぎまち
鶴来町
廃止日 2005年2月1日
廃止理由 新設合併
松任市美川町鶴来町河内村
吉野谷村鳥越村尾口村白峰村
白山市
現在の自治体 白山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
石川郡
団体コード 17343-6
面積 35.64km2.
総人口 22,043
推計人口、2005年2月1日)
隣接自治体 金沢市松任市野々市町河内村
鳥越村川北町辰口町
町の木 スギ
町の花 アジサイ
鶴来町役場
所在地 920-2192
石川県石川郡鶴来町本町四丁目ヌ85番地
鶴来町の位置
 表示 ウィキプロジェクト

2005年2月1日に、野々市町を除く石川郡を構成する町村及び隣接する松任市合併し、白山市になった。

地理編集

手取川扇状地の扇頂に市街地が形成されており、白山麓の玄関口にあたる町。加賀国一宮白山比め神社が立地し、古くから市が立った歴史のある町である。

町西部の手取川扇状地では、「暴れ川」として知られた手取川の氾濫による浸水を避けるための集落形態である島集落が見られる。

近年、狭隘な市街地の人口が減少している一方で、金沢市に隣接する北部地域の人口は増加しており、金沢市のベッドタウンとしての性格が強まっている。

自然地理編集

隣接する自治体編集

歴史編集

行政編集

町長編集

歴代町長
氏名 就任 退任 備考
太田文二 1954年(昭和29年)11月1日 1954年(昭和29年)12月10日 町長職務執行者、旧鶴来町長
1 1 谷本与三次郎 1954年(昭和29年)12月10日 1958年(昭和33年)12月9日
2 1958年(昭和33年)12月10日 1962年(昭和37年)12月9日
3 1962年(昭和37年)12月10日 1966年(昭和41年)12月9日
4 1966年(昭和41年)12月10日 1970年(昭和45年)12月9日
5 2 柴多進 1970年(昭和45年)12月10日 1974年(昭和49年)12月9日
6 1974年(昭和49年)12月10日 1978年(昭和53年)12月9日
7 1978年(昭和53年)12月10日 1982年(昭和57年)12月9日
8 1982年(昭和57年)12月10日 1986年(昭和61年)12月9日
9 1986年(昭和61年)12月10日 1990年(平成2年)12月9日
10 1990年(平成2年)12月10日 1994年(平成6年)12月9日
11 3 車幸治 1994年(平成6年)12月10日 1998年(平成10年)12月9日
12 1998年(平成10年)12月10日 2002年(平成14年)12月9日
13 2002年(平成14年)12月10日 2005年(平成17年)1月31日
  • 町長 - 車 幸治(くるま・こうじ)

経済編集

産業編集

  • 商業
    • 古くから白山麓の玄関口として、平野部で採れる農産物等と、山で採れる木材・石炭等が、この地で取引されていた。
  • 工業
    • 古くから刀剣の生産が盛んで、江戸時代には加賀藩御用達の刃物店もあった。「かわとり包丁」は現在でも売られている特産品である。
  • 酒造業
    • 日本酒「萬歳楽」「菊姫」の他、の蔵元もあり、みやげ物として売られている。


平成22年より地域おこしの一環として、地元商工会青年部がご当地グルメであるつるぎTKGYを開発。

姉妹都市・提携都市編集

国内編集

海外編集

地域編集

公共機関編集

警察編集

消防編集

松任石川広域事務組合消防本部が管轄する。

医療編集

  • 公立つるぎ病院

上水道編集

一部を除いて石川県企業局が供給する。

  • 石川県営水道
    • 鶴来取水場
    • 鶴来浄水場
  • 鶴来町簡易水道

下水道編集

鶴来町単独の公共下水道と、石川県下水道公社の犀川左岸流域下水道に接続されている。

  • 鶴来町公共下水道
    • 鶴来町浄化センター
  • 犀川左岸流域下水道 (金沢市の犀川左岸浄化センターで処理)

ゴミ処理編集

松任石川広域事務組合が、松任市の松任石川環境クリーンセンターで処理する。

  • 鶴来清掃センター (最終処分場)

電話編集

金沢市のNTT西日本金沢支店が管轄する。

市外局番は町内全域が076である。

郵便編集

町内の集配は以下の局が行う。

これ以外に5局の郵便局がある。

税務編集

松任市の金沢国税局松任税務署が管轄する。

その他編集

  • 石川県農林試験場

電気編集

鶴来町の電気事業者は当初金沢電気瓦斯[1]であったが町営にかわった。1919年(大正8年)12月事業許可を受け、発電所はもたず金沢電気瓦斯より受電し1920年(大正9年)6月より事業を開始した[2]

学校教育編集

高等学校編集

中学校編集

  • 鶴来町立(2校)
    • 鶴来中学校
    • 北辰中学校

小学校編集

社会教育編集

図書館編集

  • 鶴来町立図書館
    • クレイン図書館
    • 鶴来町社会教育センター図書館

博物館・美術館等編集

ホール・その他の文化施設編集

  • 石川県立白山青年の家
  • 鶴来町総合文化会館 クレイン
  • 鶴来町社会教育センター
  • 白山郷公園

体育施設編集

  • 白山郷運動公園体育館
  • 舟岡山体育館
  • 鶴来町立鶴来健民野球場
  • 鶴来町立武道館
  • クレインプール

交通編集

鉄道編集

道路編集

バス編集

コミュニティバス編集

  • つるぎふれあいバス (委託:加賀白山バス)

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所・旧跡編集

観光スポット編集

  • 獅子吼高原
  • パーク獅子吼
  • スカイ獅子吼スキー場
  • 横町うらら館

祭事編集

脚注編集

  1. ^ 『電気事業要覧. 第12回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 『電気事業要覧. 第13回』(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目編集

外部リンク編集