メインメニューを開く

鶴田 全夫(つるた まさお、1925年4月 - 1992年2月[1])は、日本アナウンサーNHKとラジオ東京→TBS[注釈 1]で活動していた。

つるた まさお
鶴田 全夫
プロフィール
生年月日 1925年4月
没年月日 1992年2月(満66歳没)
職歴 NHK札幌放送局アナウンサー
ラジオ東京→TBSアナウンサー
→報道局運動部
→テレビ本部報道局付
→テレビ本部報道局取材部
→調査局
→人事室開発センター
→テレビ本部ネットワーク室
→ラジオ本部
→ラジオ本部TBSカンガルー募金事務局
活動期間 1950年 - 1963年
ジャンル 映画音楽スポーツ
出演番組・活動
出演経歴 源平芸能合戦
東洋チャンピオンスカウト
ほか

一部文献では、「鶴田全男[2]鶴田金夫[3]という表記が見られる。

目次

来歴・人物編集

1950年NHKに入局(同期には近江正俊酒井広[4]NHK札幌放送局での勤務を経て、1953年1月にラジオ東京へ入社[1]。主に映画音楽各番組、スポーツ中継実況を担当した[1]1962年4月より、編成局運動部兼アナウンス部[1]1963年11月に報道局運動部の配属[1]となり、アナウンス職を離れる(ほかのスポーツ実況担当アナウンサーは、11月1日付で報道局運動部兼ニュース部の配属となった[5])。運動部長も務めた[6][7]

1972年2月よりテレビ本部報道局付、同年11月よりテレビ本部報道局取材部、1973年11月より調査局、1974年2月より人事室開発センター、1975年2月よりテレビ本部ネットワーク室、1976年3月よりラジオ本部、1977年2月よりラジオ本部TBSカンガルー募金事務局へ異動を重ねた[1]。ラジオ本部所属当時は募金事務局長も務めていた[8]。当時の通称は「カンガルー伯父さん[8]1980年4月にTBSを定年退職[1]

1992年2月に死去[1]。66歳没。

詳細情報編集

出演番組編集

スポーツ中継
スポーツ中継以外

映画編集

作曲編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス(TBSHD)。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『TBSアナウンサーの動き』より、鶴田の活動情報を参照。
  2. ^ a b 『TBSアナウンサーの動き』より、1959年12月27日放送の「第一回日本レコード大賞」の記述を参照。
  3. ^ ラジオ東京の後輩アナウンサーである鈴木治彦の著書『アナウンサーの独り言』(1983年1月20日、光風社出版発行。コード:ISBN 4875197152)29ページより、鈴木に指導を行ったという先輩アナウンサーの一人として明記。
  4. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、16頁。ISBN 4-06-203232-5
  5. ^ 『TBSアナウンサーの動き』より、「1963年11月1日 『報道局への大量異動』」を参照。
  6. ^ 『TBS紳士録』第5回の1ページより、「元運動部長」という記述あり。
  7. ^ 『座談会 炎の声』11ページより、藤田和弘の発言を参照。
  8. ^ a b 『TBS紳士録』第5回の1ページより、「カンガルー伯父さん(募金事務局長)こと鶴田全夫」と記述。
  9. ^ 『TBSアナウンサーの動き』より、1958年の記述を参照。
  10. ^ 『TBS紳士録』第5回の1ページより、「北海道のノド自慢を振り出しに」と記述。
  11. ^ a b 外部リンク(テレビドラマ人名録)を参照。
  12. ^ 日曜劇場「マンモスタワー」 - ウェイバックマシン(2010年3月27日アーカイブ分) - TBSチャンネルの再放送情報ページ
  13. ^ 『TBSアナウンサーの動き』より、1960年9月20日の記述を参照。なお、鶴田本人の活動情報内には、”「兼高かおる世界の旅(59)」”という記述が見られる(1959年は、『兼高かおる世界の旅』ではなく『兼高かおる世界飛び歩き』を放送)。

参考資料編集

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 付録のDVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録されたPDFファイル
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書)
      • 社内報の再録
        • 『TBS紳士録』第5回(1976年11月15日発行『TBS社報』NO.436の6 - 13ページ掲載記事。当時のTBS社員の人となりを紹介した記事。全8ページ)
        • 『座談会 炎の声』(1997年の全3回にわたりTBSの社内報で連載された記事。新旧TBSスポーツアナウンサーによる座談会の書き起こし。全24ページ)

外部リンク編集