鶴田 匡夫(つるた ただお、1933年 - )は、日本光学技術者で、ニコン開発本部長、副社長を歴任したのち、同社顧問をつとめた。1967年、「偏光型シャリング干渉計の応用に関する研究」により、東京大学より工学博士を取得[1]

月刊誌『O plus E』で連載している「光の鉛筆」は光学技術史を中心に原典にあたって解説するシリーズで、この著作により第4回応用物理学会業績賞を受賞した[2]

略歴編集

  • 1956年:東京大学理学部物理学科卒業、日本光学工業(現ニコン)入社
  • 1987年:同社取締役
  • 1993年:同社常務取締役開発本部長
  • 1997年:同社代表取締役副社長
  • 2001年:同社顧問

著書編集

  • 『光の鉛筆』、新技術コミュニケーションズ、1984、ISBN 491585101X
  • 『続・光の鉛筆』、新技術コミュニケーションズ、1988、ISBN 4915851028
  • 『第3・光の鉛筆』、新技術コミュニケーションズ、1993、ISBN 4915851109
  • 『第4・光の鉛筆』、新技術コミュニケーションズ、1997、ISBN 491585115X
  • 『第5・光の鉛筆』、新技術コミュニケーションズ、2000、ISBN 4915851214
  • 『第6・光の鉛筆』、新技術コミュニケーションズ、2003、ISBN 4915851265
  • 『第7・光の鉛筆』、新技術コミュニケーションズ、2006、ISBN 4915851303
  • 『応用光学I』、培風館、1990、ISBN 4-563-02331-0
  • 『応用光学II』、培風館、1990、ISBN 4-563-02332-9

出典・脚注編集

  1. ^ 学位論文要旨”. 東京大学. 2013年4月21日閲覧。
  2. ^ 第4回(2003年度)応用物理学会 業績賞