メインメニューを開く

鶴舞 (名古屋市)

名古屋市昭和区の地名
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 昭和区 > 鶴舞・鶴舞町

鶴舞(つるま、つるまい)は、名古屋市昭和区の町名。町名の呼称は「つるまい」であるが、施設の正式名称では後述のように「つるま」と「つるまい」が混在している[7]

鶴舞・鶴舞町
名古屋大学 鶴舞キャンパス
名古屋大学 鶴舞キャンパス
鶴舞・鶴舞町の位置(愛知県内)
鶴舞・鶴舞町
鶴舞・鶴舞町
鶴舞の位置
鶴舞・鶴舞町の位置(名古屋市内)
鶴舞・鶴舞町
鶴舞・鶴舞町
鶴舞の位置
北緯35度9分10.3秒 東経136度55分10.7秒 / 北緯35.152861度 東経136.919639度 / 35.152861; 136.919639
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
昭和区
町名制定[1] 1909年明治42年)10月1日
面積
 • 合計 0.74449684km2
人口
2019年(平成31年)1月1日現在)[3]
 • 合計 4,292人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
466-0064(鶴舞)[4]
466-0065(鶴舞町)[5]
市外局番 052 (名古屋MA)[6]
ナンバープレート 名古屋

地理編集

行政地名としては、名古屋市昭和区北西端に位置する鶴舞および鶴舞町が存在するが、かつては、中区千代田の一部が鶴舞町であった[8]。残存する昭和区鶴舞町の大部分は、名古屋大学医学部附属病院の敷地である[9]。昭和区鶴舞一丁目には鶴舞公園がある[10]

歴史編集

地名の由来編集

 
ローマ字で「ツルマ」の表記がある歩道橋

字鶴舞は「ツルマ」とカタカナ表記だったものが、適当な漢字を宛てたものであるという[11]。『名古屋市史』(1907年)は由来を不明であるとする[11]。また、『金鱗九十九之塵』は、かつて当地が海辺であり、鶴が多くいたことによるという伝承を伝えている[11]。このほか水流(つる)の間(水がよどむ場所の意味)が語源とする説もある[7]。ただし、「水流間」説は鶴舞公園の竜ヶ池周辺の地形から提示されたものだが、字東鶴舞および西鶴舞の位置とは異なるという[12]

読みが確認できる最も古い資料である『愛知県郡町村字名調』(1882年、246頁)には「東鶴舞(ヒガシツルマイ)」と記載されている[7]。呼称は町名では「つるまい」であるが、施設によって「つるま」(鶴舞公園・名古屋市立鶴舞小学校など)と「つるまい」(鶴舞駅など)が混在している[7]

つるま 鶴舞公園・鶴舞中央図書館・名古屋市立鶴舞小学校
つるまい 鶴舞・鶴舞町・鶴舞駅・鶴舞線

沿革編集

町名の変遷編集

実施後 実施年月日 実施前
中区鶴舞町 1909年(明治42年)10月1日 愛知郡御器所村大字御器所の一部(字木市・小針・竹戸・東寺・中古井田・西古井田・東古井田・東鶴舞・山崎の各一部)
昭和区鶴舞町 1937年(昭和12年)10月1日 中区鶴舞町の一部
昭和区鶴舞一丁目 1972年(昭和47年)8月1日 昭和区御器所町・鶴舞町・東郊通・狭間町・山脇町の各一部
昭和区鶴舞二丁目 昭和区小針町の全部および御器所町・吸場町・東郊通の各一部
昭和区鶴舞三丁目 昭和区島西町の全部および幸楽町・洲原町・鶴舞町・東郊通の各一部
昭和区鶴舞四丁目 昭和区幸楽町・桜井町・洲原町・鶴舞町・山脇町の各一部
中区千代田三丁目 1977年(昭和52年)10月23日 中区鶴舞町の全部
中区千代田五丁目
昭和区吹上一丁目 1979年(昭和54年)5月5日 昭和区鶴舞町の一部

世帯数と人口編集

2019年(平成31年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[3]

町丁丁目 世帯数 人口
鶴舞町 162世帯 162人
鶴舞一丁目 93世帯 107人
鶴舞二丁目 760世帯 1,255人
鶴舞三丁目 664世帯 1,294人
鶴舞四丁目 781世帯 1,474人
2,460世帯 4,292人

学区編集

市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[17]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[18]

町丁・丁目 番・番地等 小学校 中学校 高等学校
鶴舞町 全域 名古屋市立鶴舞小学校 名古屋市立北山中学校 尾張学区
鶴舞一丁目 全域
鶴舞二丁目 全域
鶴舞三丁目 全域
鶴舞四丁目 全域

交通編集

昭和区鶴舞一丁目の西端にJR東海中央本線鶴舞駅がある[10]。また、名古屋高速道路都心環状線が地区内を走る[10]名古屋市営地下鉄鶴舞線荒畑駅が昭和区鶴舞四丁目に所在する[10]。ただし、同線鶴舞駅については、隣接する中区千代田二丁目に位置する。

周辺の道路編集

施設編集

 
Yabaton Sasuiyo Ichi 20170519

その他編集

日本郵便編集

  • 集配担当する郵便局は以下の通りである[19]
町丁 郵便番号 郵便局
鶴舞 466-0064[4] 昭和郵便局
鶴舞町 466-0065[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 名古屋市計画局 1992, p. 787.
  2. ^ 愛知県名古屋市中区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2016年2月12日閲覧。
  3. ^ a b 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  5. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  6. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  7. ^ a b c d “「鶴舞」つるま?つるまい? 呼称の由来探るシンポ検討”. 中日新聞. (2017年3月16日). http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170316/CK2017031602000053.html 2017年3月17日閲覧。 
  8. ^ 名古屋市計画局 1992, pp. 358-359.
  9. ^ 名古屋市計画局 1992, p. 359.
  10. ^ a b c d 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1459.
  11. ^ a b c d e f g h i 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 854.
  12. ^ 日高奈緒 (2017年3月1日). “名古屋人が悩む「鶴舞」の読み、正解は… 元区長が新説” (日本語). 朝日新聞社. http://digital.asahi.com/articles/ASK2R44W7K2ROIPE00J.html 2017年3月17日閲覧。 
  13. ^ 福岡清彦 1976, p. 4.
  14. ^ 名古屋市計画局 1992, p. 317.
  15. ^ a b 名古屋市計画局 1992, p. 798.
  16. ^ a b c d e 名古屋市計画局 1992, p. 799.
  17. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  18. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  19. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年01月06日閲覧 (PDF)

参考文献編集

  • 福岡清彦『中区の町名』名古屋市中区役所、1976年(日本語)。
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5
  • 名古屋市計画局『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。

関連項目編集

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、鶴舞 (名古屋市)に関するカテゴリがあります。