メインメニューを開く

鶴間 (町田市)

東京都町田市の地名

地理編集

東京都町田市南部に位置する。東は小川神奈川県横浜市緑区長津田町、西は神奈川県大和市下鶴間、南は横浜市瀬谷区北町、横浜市瀬谷区五貫目町、北は南町田と接している。

河川編集

  • 境川 - 神奈川県大和市との都県境付近を流れる。

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、鶴間3丁目13番14の地点で21万9000円/m2となっている[5]

歴史編集

 
鶴間村・上鶴間村・下鶴間村周辺の2015年時点の区画。地区分割や編入も繰り返されているため、江戸時代の区域とは必ずしも一致しない。

律令時代には古代東海道が町内北部、町谷に通っていて、店屋駅(まちやのうまや)があったともいわれる。鎌倉時代には鎌倉街道上道、江戸時代には大山道浜街道も通っていた。元は武蔵国多摩郡鶴間村。当村をはじめとする境川(高座川)左岸(東岸)の各村(現町田市西南部:旧堺村忠生村南部・南村)の一部は近世初期まで右岸(西岸)と同じ相模国高座郡に属していた。「鶴間」は現在の相模原市南区上鶴間)および大和市下鶴間)にまたがって広がる地名である。

1878年明治11年)の郡区町村編制法による郡の分割で南多摩郡に所属。1889年(明治22年)、町村制施行のための明治の大合併で南多摩郡南村の一部となり、1954年昭和29年)に同郡町田町と合併した。この間、1893年(明治26年)の三多摩移管により、神奈川県から東京府(現東京都)に所属が変更されている。

地名の由来編集

名前の由来は昔、が飛来したという「鶴舞の里」から。下鶴間村(現在の大和市下鶴間付近)は大山道宿場町として、鶴間村(現在の町田市鶴間)は鎌倉街道や絹の道の宿場町として賑わったとされる。

鶴間は元々、現在の大和市・相模原市・町田市にまたがる広域地名となっていた。現在でも各地域の名称として使われている。

沿革編集

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
鶴間一丁目 457世帯 1,013人
鶴間二丁目 169世帯 377人
鶴間三丁目 348世帯 839人
鶴間四丁目 513世帯 1,339人
鶴間五丁目 416世帯 1,015人
鶴間六丁目 976世帯 2,364人
鶴間七丁目 379世帯 849人
鶴間八丁目 408世帯 856人
3,666世帯 8,652人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

丁目 番地 小学校 中学校
鶴間一丁目 全域 町田市立鶴間小学校 町田市立つくし野中学校
鶴間二丁目 全域
鶴間三丁目 全域
鶴間四丁目 全域
鶴間五丁目 全域
鶴間六丁目 全域
鶴間七丁目 全域
鶴間八丁目 全域

交通編集

鉄道編集

  東急電鉄

  田園都市線 : 南町田グランベリーパーク駅

路線バス編集

  • 町89:南町田グランベリーパーク駅 - 町谷 - 西田 - 町田ターミナル・バスセンター
  • 南01:南町田グランベリーパーク駅 - 若葉台中央(休日1往復のみ)
  • 南02:南町田グランベリーパーク駅 - マークスプリングス(朝 - 夕方)
  • 南03:南町田グランベリーパーク駅 → 大ヶ谷戸 → マークスプリングス(夜間のみ)
  • 津01:南町田グランベリーパーク駅 - 南長津田団地前 - 長津田駅
  • 町87:町田ターミナル・バスセンター - 大ヶ谷戸 - 鶴間駅東口
  • 町88:町田ターミナル・バスセンター - 大ヶ谷戸 - 鶴間車庫(早朝・夜間のみ)
  • 空港連絡バス・高速バス・深夜急行バス

道路・橋梁編集

 
横浜町田インターチェンジ

施設編集

行政
  • 町田市役所 南町田駅前連絡所(南町田リエゾン)
  • 南町田子どもクラブつみき
教育
商業
郵便局
  • グランベリーパーク郵便局
病院
 
南町田病院
公園
寺院神社
  • 圓成寺
  • 日枝神社

出典編集

  1. ^ 人口【町田市統計書 第51号2017(平成29)年度発行】”. 町田市 (2017年1月1日). 2018年5月31日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口表”. 町田市 (2018年1月15日). 2018年1月21日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月21日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月21日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 町又は字の名称・区域の変遷町田市
  7. ^ 町の区域の新設町田市
  8. ^ 町の区域の新設町田市
  9. ^ 小川・鶴間地区で住所整理を実施しました(2016年7月18日実施)町田市
  10. ^ 市立小・中学校の通学区域”. まちだ子育てサイト(町田市) (2018年4月1日). 2018年4月1日閲覧。

外部リンク編集