鷲尾隆量
時代 江戸時代前期
生誕 慶長11年(1606年
死没 寛文2年8月23日1662年10月5日
戒名 宝還院惟賢邇安
官位 正二位権大納言
主君 後水尾天皇明正天皇後光明天皇後西天皇
氏族 広橋家鷲尾家
父母 父:広橋兼勝、養父:鷲尾隆尚
兄弟 広橋総光油小路隆基隆量、新遍、観助、広橋局、樋口信孝正室、中御門宗保室、裏辻季福
養兄弟:妙光尼
正室:鷲尾隆尚の娘
隆光隆尹、月仙院、天長院、橋本実松継室、高倉局、石川貞當正室
テンプレートを表示

鷲尾 隆量(わしのお たかかず)は、江戸時代前期の公卿鷲尾家11代当主。

経歴編集

慶長11年(1606年)、内大臣広橋兼勝の次男として誕生。

鷲尾家10代当主・鷲尾隆尚の婿養子となり、家督を継ぐ。官位正二位権大納言

寛文2年(1662年)、薨去。家督は子・隆光が継いだ。

系譜編集