メインメニューを開く

鷲山寺(じゅせんじ)は、千葉県茂原市鷲巣にある、法華宗本門流の大本山。塔頭が二院ある(観妙院、妙本寺)。

鷲山寺
Jusenji20120819.jpg
本堂
所在地 千葉県茂原市鷲巣48
位置 北緯35度25分43.5秒
東経140度16分56.4秒
山号 長国山
宗派 法華宗本門流
寺格 大本山
本尊 三宝尊
創建年 1277年(建治3年)
開山 日弁
開基 小早川内記
法人番号 2040005011177
テンプレートを表示
「日蓮大聖人御尊像」(伝 日法聖人御作)

目次

概要編集

開山以来、四度の火災に遭い諸堂を消失した。現在は、本堂、庫裏、開山堂、鐘楼堂、水行堂、仁王門、香神堂、長屋門、などを備えるが仮設のものが多い。元禄大地震による、大津波の犠牲者供養碑がある。現住は102世佐藤日賢貫首[注 1]

歴史編集

  • 1264年(文永元年)日蓮小早川内記帰依を受ける。
  • 1277年(建治3年)日弁小早川内記外護により、鷲山寺を建立する。
  • 1535年(天文4年)火災により、焼失する。その後、再建する。
  • 1705年(宝永2年)火災により、焼失する。その後、再建する。
  • 1862年(文久2年)火災により、焼失する。その後、再建する。
  • 1954年(昭和29年)茂原市主催の打上花火により、本堂は焼失する。

文化財編集

  • 元禄津波供養塔(茂原市指定有形文化財)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 葛飾区信隆寺より平成28年6月11日晋山。

出典編集

関連項目編集