鷹司松平家(たかつかさまつだいらけ)は、五摂家鷹司家の支流で、紀州徳川家御連枝一門として徳川家一門待遇。親藩定府大名。本姓は藤原氏

鷹司松平家
No image available.svg
上野牡丹うえのぼたん
本姓 藤原北家近衛流鷹司支流
家祖 松平信平
種別 武家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 上野国多胡郡吉井
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

慶安3年(1650年)、鷹司信平江戸幕府3代将軍徳川家光御台所であった姉の孝子を頼り、家臣1人だけを伴って江戸へと下った。家光と孝子の間柄は非常に険悪であったが、家光は信平を歓迎して1000俵の廩米と月棒200人扶持を与え、寄合に入れた。その後、承応2年(1653年)に4代将軍徳川家綱の配慮により、紀州藩徳川頼宣の次女・松姫を正室に迎える。翌承応3年(1654年)には従四位下・左近衛少将に任じられ、紀州徳川家御連枝一門として松平姓を与えられて松平信平と名乗り、鷹司松平家が創始された。延宝2年(1674年)には上野上総両国内において7000石の知行を与えられ、寄合旗本となった。その後、5代将軍綱吉の御台所が鷹司家出身の信子だったことから、宝永6年(1709年)に信平の孫・松平信清は信子の信頼を得て上野国多胡郡など3000石を加増され、合計1万石で矢田藩を立藩、大名諸侯に列した。その後、拠点を吉井に移し、吉井藩主となる。1万石の極小藩ながら、五摂家支流の出自と御台所の親類、御三家連枝のため、徳川家一門にして国主格という高い家格を有した。さらに江戸城内では、御三家、加賀前田家などと同じ大廊下(下之間)の待遇を幕末まで受けた。歴代の藩主は江戸定府で参勤交代を免除され、領地である吉井には陣屋が設けられていた。現在、吉井陣屋の表門跡が残っている。

歴代藩主は主に従四位下・侍従に叙されることを通例とした。これは徳島藩蜂須賀家佐賀藩鍋島家鳥取藩池田家など20万石以上の国主大名と同位の官位官職であり(1万石から7万石以下レベルの大名は従五位下が通例)、江戸城内の家格と合わせて幕府の中でいかに高い待遇と格式を受けていたかがわかる。

鷹司松平家の存在は非常に特異で、江戸時代を通して公家から武家に転身し、大名に列した唯一の家である。立藩以前から宗家たる五摂家・鷹司家との養子縁組や婚姻関係はほとんどなく、8代当主・信充の正室に関白鷹司政熙の娘を迎えたのが唯一の例である。

歴代当主は家祖の信平以来「信」の通字を用いている。この通字の由来は信平の父・鷹司信房までさかのぼり、織田信長の働きで鷹司家が再興された際、当主となった信房に信長から受けたとされるものである[1]

4代当主・信友が一方の本家といえる紀州徳川家から信有を養子に迎えて以降、信有の血筋と信友の直系とが交互に家督を相続したが、幕末までに双方の血筋とも断絶し、他家から養子を迎えて存続している。

慶応4年(1868年)2月22日、新政府への配慮から松平信謹が松平姓を返上し、領地にちなみ名字を吉井に改めた。

明治維新後、吉井信宝華族に列し、明治17年(1884年)7月8日に子爵を授爵した。

歴代当主と後嗣たち編集

吉井子爵家編集

系譜編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二条晴良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川秀忠九条兼孝二条昭実鷹司信房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川頼宣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川家光
 
鷹司孝子
 
 
鷹司信尚松平信平1
 
松姫松平頼純徳川光貞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川家綱
 
 
 
 
鷹司教平松平信政2竹中重教
 
徳川宗直徳川吉宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川綱吉
 
鷹司信子
 
 
鷹司房輔松平信清3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平信友4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平信明6松平房恭松平信有5
 
徳川治貞徳川宗将
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平信充8
 
 
 
松平信成7松平房矩松平房堅松平繁次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平信敬9
 
松平房府
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鋭姫
 
松平信任10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平/吉井信発11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平/吉井信謹12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉井信宝13吉井信照
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉井信康14高橋徳恵岡田信光
 
 
 

脚注編集

  1. ^ 鷹司信房(1565年 - 1658年)は、加藤清正森蘭丸伊達政宗などと同世代の人物であるが、非常に長命で、70歳を過ぎてから孫の鷹司教平より1世代下の信平をもうけ、さらに将軍家綱の時代まで生きている。

関連項目編集