メインメニューを開く

概要編集

1966年開館。

現在、運営は公益財団法人鹿児島県文化振興財団が行っている。

年間2,000万円・5年間の契約で、焼酎「宝山」などを発売している西酒造命名権が売却され、2006年4月より宝山ホール(ほうざんホール)の愛称が定められた。

ホール編集

  • 舞台 間口20m、奥行き13.5m、高さ8m
  • 客席 1,507席(含オーケストラ・ピット英語版97席)、立見115人
  • 車椅子席 8台(固定席18席分を取り外すことで確保する)

その他施設編集

  • 楽屋 6部屋
  • 主催者控室 2部屋(ホワイエ、楽屋)
  • 浴室 男女各1室
  • リハーサル室 2部屋(ピアノ有り)
  • 会議室 5部屋
  • 多目的ルーム 1部屋
  • アート・ギャラリー 3部屋

アクセス編集

外部リンク編集