鹿児島県立鴨池野球場

鴨池公園 > 鹿児島県立鴨池野球場

鹿児島県立鴨池野球場(かごしまけんりつ かもいけやきゅうじょう)は、鹿児島県鹿児島市与次郎二丁目の鴨池公園内にある野球場。施設は鹿児島県が所有し、セイカスポーツグループ(鹿児島県体育協会と、セイカ食品の関連会社であるセイカスポーツクラブによる共同事業体)が指定管理者として運営管理を行っている。

鹿児島県立鴨池野球場
Kamoike Baseball Ground
鴨池野球場の外観(2014年5月)
鹿児島県立鴨池野球場の位置(鹿児島市内)
鹿児島県立鴨池野球場
施設データ
所在地 鹿児島県鹿児島市与次郎二丁目2番2号(鴨池公園内)
座標 北緯31度33分52.39秒 東経130度33分28.63秒 / 北緯31.5645528度 東経130.5579528度 / 31.5645528; 130.5579528座標: 北緯31度33分52.39秒 東経130度33分28.63秒 / 北緯31.5645528度 東経130.5579528度 / 31.5645528; 130.5579528
開場 1970年 12月
所有者 鹿児島県
管理・運用者 セイカスポーツグループ(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
最大照度:投捕間2000Lx
内野1500Lx
外野1000Lx
使用チーム • 開催試合
全国高等学校野球選手権鹿児島大会
収容能力
21,000人(内野席:15,500人、外野席:5,500人)
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:12,964.6m2
両翼:98 m
中堅:122 m

目次

歴史編集

鹿児島市には、市が運営管理する鴨池市民球場がある。1928年に野球用グラウンドとして整備され、その後スタンドの建設や増築を行いながら使用されてきた。アマチュア公式戦をはじめ、プロ野球の公式戦やキャンプなどが行われていたが、敷地が狭隘で増築が難しい上、1972年には鹿児島県が国民体育大会の開催を控えており本格的なスポーツ施設が必要となったことから、与次郎ヶ浜に総合運動公園を整備することとなり、その施設のひとつとして1970年12月に県立鴨池野球場が完成した。以後、高校野球などアマチュアをはじめ、プロ野球公式戦などが開催されている。なお、市民球場ではプロ公式戦の開催は無くなったが、現在もアマチュア公式戦などで使用されている。

開場当初は両翼91.65メートル、中堅120メートルだったが大規模改修で拡張され、現在は国際規格に準ずる両翼98メートル、中堅122メートルとなっている。21,000人収容のスタンドは一部が二層式となっており、ネット裏2階部分の下には放送ブースが設けられている。また外野スタンドは下段が芝生席、上段がコンクリート階段である。2015年秋から2016年春にかけてスタンド、ロッカールームやバックネット裏の記者席の増設などの工事が行われた。

日本および韓国のプロ野球などのキャンプ地として編集

 
鴨池公園の航空写真。左側に位置するのが鴨池野球場である(国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)。
 
 
鴨池野球場
鴨池野球場の位置

1972年から2007年までの毎年2月、千葉ロッテマリーンズ(1991年まではロッテオリオンズ)の一軍がこの県立・市民両球場を中心とした鴨池公園内各施設で春季キャンプを実施し、キャンプ終盤にはオープン戦も1~2試合程度開催していた。また二軍の春季キャンプも鹿児島県内で実施しており、これまでに東市来町(現日置市)湯之元、薩摩川内市などをキャンプ地としている。

だが2月の鹿児島市は沖縄県などと比較して気温が低く、また鴨池公園内の各施設の老朽化が進行して改修もままならず、また各施設が近接して設けられていないため、選手・コーチ・スタッフが施設間を移動する際には自動車や自転車を使用しなければならないなど問題点が多かったことから、ロッテは2007年、翌2008年から春季キャンプ地を沖縄県石垣市に移転することを決定した。当初は前半の一次キャンプを石垣で行い、後半の二次キャンプを鹿児島で5日間程度実施する意向だったが、この案に県・市側が「長年の地元の熱意に反する。5日間ではオープン戦と大差なく、キャンプとしての受け入れはできない」などと難色を強く示し、受け入れを事実上拒否したため交渉は決裂。同年を最後にロッテは鹿児島市から完全に撤退し、2008年からは石垣市で春季キャンプの全日程を実施している(一方、二軍の春季キャンプは薩摩川内で継続して実施している)。

その代わりに、2008年2月から3月にかけて、鹿児島市近郊の日置市の野球場で春季キャンプを実施していたロッテの姉妹球団・韓国プロ野球のロッテ・ジャイアンツが同球場で練習試合を行い、引き続き2009年から2016年まで春季第2次キャンプ地としていた。また2009年から韓国プロ野球のネクセン・ヒーローズも第2次キャンプ地として同球場など鹿児島市周辺の野球場を利用するようになり、ロッテなどとの練習試合を行った。2010年は、ヒーローズが1月末からの約1ヶ月間、同球場を中心に春季キャンプを行い、ロッテ・ジャイアンツや起亜タイガースなど他の韓国の球団と練習試合で対戦した。2011年は、2月12日から3月上旬までロッテ・ジャイアンツが練習場として使用し、2012年の春季キャンプ(3月にはネクセンヒーローズも使用)、2013年の春季キャンプも利用した。ロッテ・ジャイアンツは2013年10-11月、秋季キャンプで初めて利用した(鹿児島市川田町の相互信用金庫野球場と併用)。2014-2016年の春季キャンプでも利用していた。ネクセンは2012年10-11月にこの野球場と近隣の鹿児島市内の野球場、および伊集院総合運動公園野球場(日置市)などを利用していた。

2017年は2月から3月にかけて韓国プロ野球・KTウィズ二軍や2017 ワールド・ベースボール・クラシック中国代表がキャンプを実施している。

近年のプロ野球公式戦編集

2011年から3年連続で福岡ソフトバンクホークス主催で、同年3月に全線開通した九州新幹線鹿児島ルートの主要駅がある熊本市藤崎台県営野球場とこの鴨池野球場との2連戦が組まれ、九州新幹線シリーズの愛称で話題を集めた。

2012年4月26日には28年ぶりに読売ジャイアンツ(巨人)主催の公式戦(横浜DeNAベイスターズ戦)がナイトゲームで開催された。試合は巨人が圧勝した。

2014年には巨人主催試合(DeNA戦)のほか、6月17日に東京ヤクルトスワローズ対ソフトバンク(セ・パ交流戦)の開催が予定されていた。セ・パ交流戦が鹿児島で開催されるのはこれが初となる予定だったが、台風のあおりによる降雨のため開催中止となった(代替試合は6月20日に明治神宮野球場で開催された)。

2015年4月11日には、2年ぶりのソフトバンク主催公式戦(北海道日本ハムファイターズ戦)が開催された。

2016年はスタンド拡張工事が終了した後の4月9日、2年連続でソフトバンク主催公式戦(オリックス・バファローズ戦)が開催された。4月20日は読売ジャイアンツ(巨人)主催の公式戦(中日ドラゴンズ戦)が開催される予定だったが、4月14-16日にかけての平成28年熊本地震の影響で、前日4月19日の熊本市藤崎台県営野球場での同カードと合わせて中止となった。

2018年は5月15日及び16日に東京ヤクルトスワローズ主催の公式戦(読売ジャイアンツ戦)が2連戦で開催された。

主なエピソード編集

  • 1978年7月28日から30日に開催が予定されていたパ・リーグ公式戦・クラウンライターライオンズ対ロッテオリオンズ3連戦は、桜島の噴火による火山灰降灰のため、3試合とも中止となった。
  • 2003年8月16日に、鹿児島市西郊の日置市出身のアーティスト・長渕剛が鴨池野球場で野外ライブ「THE LIVE 2003 ~Keep On Fighting」を行った。アーティストが鴨池野球場をコンサート会場として使用したのはこれが初めてのことだった。

プロ野球公式戦開催実績編集

  • 1973年7月8日大洋ホエールズ3 - 13,5 - 2広島東洋カープ
  • 1976年7月14日読売ジャイアンツ3 - 6ヤクルトスワローズ、観衆:18,000人
  • 1984年4月17日、読売ジャイアンツ3 - 4ヤクルトスワローズ
  • 1989年6月25日福岡ダイエーホークス3 - 6ロッテオリオンズ
  • 1989年6月26日、福岡ダイエーホークス7 - 10ロッテオリオンズ
  • 1990年5月26日、福岡ダイエーホークス1 - 3ロッテオリオンズ
  • 1990年5月27日、福岡ダイエーホークス1 - 5ロッテオリオンズ
  • 1991年5月25日、福岡ダイエーホークス10 - 14近鉄バファローズ
  • 1991年5月26日、福岡ダイエーホークス2 - 3近鉄バファローズ
  • 1992年8月1日、福岡ダイエーホークス2 - 9近鉄バファローズ
  • 1992年8月2日、福岡ダイエーホークス4 - 1近鉄バファローズ
  • 1994年8月2日、オリックス・ブルーウェーブ - 日本ハムファイターズ
  • 1994年8月3日、オリックス・ブルーウェーブ - 日本ハムファイターズ
  • 1995年5月16日、オリックス・ブルーウェーブ - 福岡ダイエーホークス
  • 1995年5月17日、オリックス・ブルーウェーブ - 福岡ダイエーホークス
  • 1996年4月16日、オリックス・ブルーウェーブ - 千葉ロッテマリーンズ
  • 1996年4月17日、オリックス・ブルーウェーブ - 千葉ロッテマリーンズ
  • 1997年4月22日、千葉ロッテマリーンズ6 - 4近鉄バファローズ
  • 1997年4月23日、千葉ロッテマリーンズ4 - 9近鉄バファローズ
  • 1998年4月21日、オリックス・ブルーウェーブ1 - 3西武ライオンズ
  • 1998年4月22日、オリックス・ブルーウェーブ0 - 7西武ライオンズ
  • 1998年6月3日、千葉ロッテマリーンズ5 - 6福岡ダイエーホークス
  • 1998年7月4日、ヤクルトスワローズ0 - 9横浜ベイスターズ
  • 2000年5月28日、広島東洋カープ4 - 1横浜ベイスターズ
  • 2001年4月17日、横浜ベイスターズ1 - 4阪神タイガース
  • 2001年4月18日、横浜ベイスターズ2 - 3阪神タイガース
  • 2002年4月19日、オリックス・ブルーウェーブ2 - 4西武ライオンズ
  • 2002年4月21日、オリックス・ブルーウェーブ4 - 2西武ライオンズ
  • 2003年4月16日、横浜ベイスターズ3 - 6中日ドラゴンズ
  • 2004年8月17日、大阪近鉄バファローズ3 - 5オリックス・ブルーウェーブ
  • 2005年7月10日、横浜ベイスターズ4 - 2ヤクルトスワローズ、観衆:12,138人
  • 2011年4月23日、福岡ソフトバンクホークス5x - 4千葉ロッテマリーンズ、観衆:19,002人
  • 2012年4月21日、福岡ソフトバンクホークス11 - 1東北楽天ゴールデンイーグルス、観衆:17,704人
  • 2012年4月26日、読売ジャイアンツ15 - 3横浜DeNAベイスターズ、観衆:18,172人
  • 2013年5月11日、福岡ソフトバンクホークス10 - 3埼玉西武ライオンズ
  • 2014年4月23日、読売ジャイアンツ4 - 1横浜DeNAベイスターズ、観衆:17,680人
  • 2014年6月17日、東京ヤクルトスワローズ - 福岡ソフトバンクホークス(台風のため中止)
  • 2015年4月11日、福岡ソフトバンクホークス4 - 2北海道日本ハムファイターズ、観衆:19,079人 
  • 2016年4月9日、福岡ソフトバンクホークス13 - 1オリックスバファローズ、観衆:14,942人
  • 2016年4月20日、読売ジャイアンツ - 中日ドラゴンズ(平成28年熊本地震のため中止)
  • 2017年4月16日、福岡ソフトバンクホークス - オリックスバファローズ(雨天中止)
  • 2017年4月19日、読売ジャイアンツ1 - 0東京ヤクルトスワローズ、観衆:15,148人
  • 2018年4月15日、福岡ソフトバンクホークス7 - 6千葉ロッテマリーンズ、観衆:19,124人
  • 2018年5月15日、東京ヤクルトスワローズ2 - 1読売ジャイアンツ、観衆:14,969人
  • 2018年5月16日、読売ジャイアンツ12 -4東京ヤクルトスワローズ、観衆:14,399人

施設概要編集

  • グラウンド面積:12964.6m2
  • 内野:土、外野:天然芝
  • 両翼:98m、中堅:122m
  • 収容人員:21,000人(内野15,500人 外野5,500人)
  • 照明設備:6基(3段階照度可変)
  • スコアボード:磁気反転式(選手名表示部はフリーボード兼用)[1]

交通編集

公園内その他のスポーツ施設編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集