メインメニューを開く
鴨池公園 > 鹿児島県立鴨池陸上競技場

鹿児島県立鴨池陸上競技場(かごしまけんりつ かもいけりくじょうきょうぎじょう)は、鹿児島県鹿児島市の鴨池公園内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は鹿児島県が所有し、セイカスポーツグループ指定管理者として運営管理を行っている。

鹿児島県立鴨池陸上競技場
"白波スタジアム"
Kamoike kyougijyou 2.jpg
鹿児島県立鴨池陸上競技場の位置(鹿児島市内)
鹿児島県立鴨池陸上競技場
鹿児島県立鴨池陸上競技場の位置(鹿児島県内)
鹿児島県立鴨池陸上競技場
施設情報
所在地 鹿児島県鹿児島市与次郎2-2-2[1]
位置 北緯31度33分53.39秒 東経130度33分36.67秒 / 北緯31.5648306度 東経130.5601861度 / 31.5648306; 130.5601861座標: 北緯31度33分53.39秒 東経130度33分36.67秒 / 北緯31.5648306度 東経130.5601861度 / 31.5648306; 130.5601861
開場 1970年12月
修繕 2014年
拡張 1995年
所有者 鹿児島県
運用者 セイカスポーツグループ
照明 4基
使用チーム、大会
当項目を参照
収容能力
19,934人[1]
アクセス
#交通を参照。

2018年4月1日より鹿児島県枕崎市に本社を置く酒造メーカー・薩摩酒造が命名権を取得し、「白波スタジアム(しらなみ-、略称:白波スタ)」の呼称を用いている(詳細は後述)。

目次

歴史編集

1972年に開催された第27回国民体育大会(太陽国体)の会場として使用された競技場である。

1994年にナイター照明設備、1995年にバックスタンドを新設した。また、2020年に開催される第75回国民体育大会に向けて2014年8月1日から断続的に改修工事が行われている[2]

2018年1月、鹿児島県枕崎市に本社を置く酒造メーカー・薩摩酒造が命名権を取得し、呼称が「白波スタジアム」となることが発表された[3]。契約期間は2018年4月1日から3年間。契約額は年間864万円(税込)と報道されている[3]。Jリーグにおいては略称を「白波スタ」としている[4][5]

施設概要編集

  • 日本陸上競技連盟第1種公認
  • 収容人員:19,934人(メインスタンド7,592人、バックスタンド5,342人、芝スタンド7,000人)[6]
  • 大型映像スクリーン(フルカラー)
  • 建物面積:15,793m2[6]
  • トラック:400m×8レーン[6]
  • フィールド:夏芝 (ティフトン419)、冬芝 (ペレニアルライグラス)[6]

開催された主なイベント・大会編集

陸上競技編集

サッカ ー編集

ラグビー編集

その他編集

北側芝スタンドから撮影した鹿児島県立鴨池陸上競技場のパノラマ。画像の向かって左側がバックスタンド、右側がメインスタンド、中央部分が南側芝スタンドである。照明は鉄塔式の設備を有する他、メインスタンドにも屋根と一体型の照明を設置している。

交通編集

ギャラリー編集

公園内その他のスポーツ施設編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 鹿児島県立鴨池陸上競技場”. 日本プロサッカーリーグ. 2017年8月13日閲覧。
  2. ^ “J3鹿児島 昇格へ難題”. 読売新聞. (2016年8月9日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/feature/TO001000/20160809-OYS1T50020.html 2017年8月13日閲覧。 
  3. ^ a b “鴨池陸上競技場、「白波スタジアム」に…薩摩酒造が命名権”. 読売新聞. (2018年1月30日). オリジナルの2018年10月3日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/cyfB7 2018年10月3日閲覧。 
  4. ^ “鹿児島県立鴨池陸上競技場 名称変更について【Jリーグ】”. 日本プロサッカーリーグ. (2018年3月27日). https://www.jleague.jp/news/article/11689/ 2018年10月3日閲覧。 
  5. ^ 命名権採用後は、基本的に上記の名称を使うことになっているが、クリーンスタジアム規定が適用される国際サッカー連盟及びアジアサッカー連盟主催の国際試合・大会(AFCチャンピオンズリーグなど)では、例外として正式名称を使用する。
  6. ^ a b c d 陸上競技場”. セイカスポーツグループ. 2014年5月13日閲覧。

外部リンク編集