メインメニューを開く

鹿児島県第2区(かごしまけんだい2く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗鹿児島県第2区
Kagoshima prefecture Electoral district map.svg
行政区域 鹿児島市谷山喜入の各支所管内)、枕崎市奄美市指宿市南さつま市南九州市大島郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 金子万寿夫
有権者数 345,608人
1.45 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

2017年の区割変更により、かつての2区及び3区の区域の一部が新しい区域となっている。2017年の区割り変更前は以下の区域であった。

  • 鹿児島市(谷山・喜入地域)、指宿市、南九州市(旧・頴娃町域)、奄美市、大島郡

歴史編集

県都・鹿児島市の南部と指宿市郡、奄美群島と大きく3ヶ所に大別できる。奄美群島は保徳戦争と呼ばれる熾烈な選挙が繰り広げられたことで有名。南北に長大な選挙区であるため、長く本土に地盤を持つ自民系候補と奄美で絶大な支持を得ている徳田家(虎雄・毅)との間で支持基盤の違いから激しい争いが続いた。2005年の総選挙に無所属で当選しその後、いったん自由連合の代表となっていた徳田毅が自民入りし県内5選挙区全てを自民が占めることになったが、その後徳田は自身の献金問題から自民党を離党した。

2009年の総選挙では元自民党県議の打越明司が民主党公認として出馬。3万票差をつけられ小選挙区では敗れたものの比例復活し議席を獲得した。なおこの選挙では、打越を含めて民主党の候補者4人全員が議席を得ている(1区は小選挙区当選、2区・4区・5区は比例復活)。2012年の総選挙では再び徳田が勝利し、打越は比例復活にも届かず落選した。

2013年から2014年にかけて徳洲会事件が発覚し、2014年2月に徳田が議員辞職した。これに伴い、当選挙区では初めてとなる補欠選挙が2014年4月27日に執行されることとなった。選挙の結果、元県議で自民党公認の新人候補である金子万寿夫が初当選を果たした。その後の同年の第47回・2017年の第48回でも金子は当選を重ねている。

第48回衆議院議員総選挙からは区割りが変更される。

小選挙区選出議員編集

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 園田修光 自由民主党 旧区域
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 徳田虎雄 自由連合 旧区域
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 徳田虎雄 自由連合 旧区域
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 徳田毅 無所属 旧区域
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 徳田毅 自由民主党 旧区域
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 徳田毅 自由民主党 旧区域
第46回衆議院議員補欠選挙 2014年(平成26年) 金子万寿夫 自由民主党 徳田毅の議員辞職に伴う
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 金子万寿夫 自由民主党 旧区域
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 金子万寿夫 自由民主党

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:348,221人 最終投票率:56.10%(前回比:+8.99ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
金子万寿夫70自由民主党97,743票
51.3%
――公明党推薦
斉藤佳代38希望の党43,331票
22.7%
44.3%
林健二40無所属33,317票
17.5%
34.1%×
祝迫光治74日本共産党16,280票
8.5%
16.7%社会民主党推薦

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:277,830人 最終投票率:47.11%(前回比:-13.44ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
金子万寿夫67自由民主党91,670票
74.2%
――公明党推薦
祝迫光治71日本共産党31,823票
25.8%
34.7%

当日有権者数:278,187人 最終投票率:45.99%%(前回比:-14.56ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
金子万寿夫67自由民主党 66,360票
52.6%
公明党推薦
打越明司56無所属46,021票
36.5%
民主党日本維新の会結いの党生活の党推薦
有川美子42新党ひとりひとり5,858票
4.6%
三島照72日本共産党5,507票
4.4%
松沢力32幸福実現党1,283票
1.0%
碩利昭46無所属1,152票
0.9%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:279,787人 最終投票率:60.55%(前回比:-13.63ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
徳田毅41自由民主党109,744票
66.7%
――公明党推薦
打越明司54民主党45,707票
27.8%
41.6%国民新党推薦
三島照70日本共産党9,177票
5.6%
8.4%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:281,457人 最終投票率:74.18%(前回比:+0.37ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
徳田毅38自由民主党114,102票
55.7%
――
比当打越明司51民主党88,562票
43.2%
77.6%
神村ミフ子64幸福実現党2,169票
1.1%
1.9%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:283,503人 最終投票率:73.81%(前回比:+2.22ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
徳田毅34無所属87,737票
42.9%
――民主党推薦×
園田修光48自由民主党71,858票
35.1%
81.9%
打越明司47無所属44,853票
21.9%
51.1%×

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
徳田虎雄65自由連合97,423票
49.1%
――
園田修光46自由民主党90,952票
45.9%
93.4%
堀拓生26日本共産党9,903票
5.0%
10.2%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
徳田虎雄62自由連合102,233票
50.3%
――
園田修光43自由民主党91,162票
44.9%
89.2%
山口陽規47日本共産党9,744票
4.8%
9.5%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
園田修光39自由民主党87,471票
47.9%
――
徳田虎雄58自由連合84,448票
46.3%
96.5%
桂田成基48日本共産党10,618票
5.8%
12.1%

関連項目編集

外部リンク編集