メインメニューを開く

鹿児島県道20号鹿児島加世田線

日本の鹿児島県の道路

鹿児島県道20号鹿児島加世田線(かごしまけんどう20ごう かごしまかせだせん)は、鹿児島県鹿児島市を起点とし、同県南さつま市金峰地域を経て、鹿児島県南さつま市加世田唐仁原に至る主要地方道県道)。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
鹿児島県道20号標識
鹿児島県道鹿児島加世田線
南薩縦貫道
谷山IC - 錫山間)
路線延長 40.219km[1]
制定年 1958年
開通年 1958年-1989年
起点 鹿児島県鹿児島市
(高見馬場電停前、県道21号交点)
終点 鹿児島県南さつま市加世田唐仁原
(慰霊塔下交差点、国道226号交点)
接続する
主な道路
記法
県道21号鹿児島中央停車場線(起点)
Japanese National Route Sign 0225.svg国道225号
指宿スカイライン県道17号
県道22号谷山伊作線
県道19号鹿児島川辺線
Japanese National Route Sign 0270.svg国道270号
Japanese National Route Sign 0226.svg国道226号(終点)
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
鹿児島市電郡元電停(南側)と県道20号(南さつま市方面)
笹貫(ささぬき)陸橋
鹿児島市上福元町(谷山IC方面)

目次

概要編集

鹿児島市の紫原団地入口交差点から笹貫陸橋交差点までは国道225号と重複する。かつては鹿児島市坂之上から慈眼寺団地をかすめて、指宿スカイライン錫山ICと接続するルートであったが、錫山バイパスの開通により同有料道路谷山ICを経由するルートとなった。

旧道は現在、県道19号の支線となっている。沿道には日本三大砂丘の一つ吹上浜および「吹上浜砂の祭典」が行われる新川海岸がある。

路線データ編集

沿革編集

  • 1932年昭和7年) - 鹿児島県道鹿児島大崎線として認定される[5]
  • 1958年昭和33年)11月1日 - 谷山から加世田までの区間が鹿児島県道大崎谷山線として認定される[5]。同時に高見馬場から鴨池までの区間が鹿児島県道鴨池高見馬場線として認定される[2]
  • 1972年昭和47年)8月2日 - 路線番号決定公告により大崎谷山線の路線番号に261、鴨池高見馬場線の路線番号に201が設定される[6]
  • 1976年昭和51年)4月 - 鹿児島市の笹貫-西塩屋間(通称笹貫バイパス)が開通する(当時は県道22号の一部)[7]
  • 1982年昭和57年)5月1日 - 鹿児島県道鹿児島加世田線に改称[3]
  • 1989年平成1年) - 錫山バイパス(上福元町平治-金峰町宮崎間、7.7km)が開通する[7]
  • 1994年(平成6年)3月11日 - 鹿児島県道201号鴨池高見馬場線が廃止される[8]
  • 1996年平成8年)12月 - 並行する国道225号の渋滞解消を目的に郡元電停交差点から紫原団地入口交差点までの区間が開通する[9]

地理編集

通過する自治体編集

接続する道路編集

参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『平成20年度道路現況調書』 - 鹿児島県土木部道路維持課 P/9
  2. ^ a b 鹿児島県告示394号
  3. ^ a b 昭和57年鹿児島県告示第728号(県道路線等の変更、昭和57年5月1日付鹿児島県公報号外所収)
  4. ^ 県道の路線認定一覧表 - 鹿児島県 2013年6月30日閲覧。
  5. ^ a b 『谷山市誌』 p.620 - 谷山市、1967年
  6. ^ 路線番号決定公告(昭和47年8月2日付鹿児島県公報第63号79所収)
  7. ^ a b 『鹿児島市史Ⅳ』 p.791 - 鹿児島市、1990年
  8. ^ 平成6年鹿児島県告示第395号(県道の路線の廃止、平成6年3月11日付鹿児島県公報第1339号所収)
  9. ^ 『鹿児島市史Ⅴ』 p.840 - 鹿児島市、2015年

関連項目編集