メインメニューを開く

鹿央町(かおうまち)は、熊本県鹿本郡にあったである。

かおうまち
鹿央町
廃止日 2005年1月15日
廃止理由 新設合併
山鹿市、鹿北町菊鹿町鹿本町鹿央町山鹿市
現在の自治体 山鹿市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 熊本県
鹿本郡
団体コード 43384-1
面積 31.47km2
総人口 5,211
(2004年3月)
隣接自治体 山鹿市、鹿本郡鹿本町、植木町玉名郡菊水町玉東町
町の木 キンモクセイ
町の花 キク
町の鳥 ウグイス
鹿央町役場
所在地 861-0565
熊本県鹿本郡鹿央町大字合里158-1
 表示 ウィキプロジェクト

2005年1月15日に山鹿市・鹿本郡菊鹿町鹿北町鹿本町と合併し、山鹿市鹿央町となった。

地理編集

熊本県の北部に位置する。

  • 農用地34.9%
  • 森林 41.6%
  • その他23.5%

歴史編集

  • 1955年(昭和30年)7月1日 - 米野岳村、千田村、山内村の3村が合併して鹿央村が発足。
  • 1965年(昭和40年)11月1日 - 町制施行により鹿央町誕生。
  • 2005年(平成17年)1月15日 - 山鹿市および鹿本郡菊鹿町・鹿北町・鹿本町と対等合併し、新しい山鹿市となり消滅。

経済編集

産業編集

特産品
  • スイカ、メロン、ハウスキンカン、米、梨、手作りみそ、赤米製品、スイカのみそ漬け、木工品など。

教育編集

中学校
小学校

交通編集

道路編集

一般国道

公共交通機関編集

観光・文化編集

古墳の多い地域であり、県立装飾古墳館が設置されている。また下記の文化財が所在する。

国指定文化財編集

  • 史跡・岩原古墳群

県指定文化財編集

  • 持松塚原古墳、桜の上横穴群、康平寺仏像等、岩原横穴墓群

関連項目編集

外部リンク編集