メインメニューを開く

鹿子木 員信(かのこぎ かずのぶ、1884年明治17年)11月3日 - 1949年昭和24年)12月23日)は、日本哲学者海軍軍人。最終階級は海軍機関中尉

大日本言論報国会の事務局長として国粋主義思想運動をリードし、戦後はA級戦犯容疑者として逮捕された。

妻はポーランド系ドイツ人で教育者の鹿子木コルネリアである(後に両者は離婚)[1]、息子にベルリンオリンピックに出場したバスケットボール選手、鹿子木健日子がいる。

「プラトン哲学の研究」で文学博士(東京帝大)[2]。クリスチャン[3]

目次

経歴編集

熊本藩士族の家系として東京府に生まれる。旧制東京府立第一中学校から海軍予備校を経て、1904年海軍機関学校を卒業し、「八雲」乗組みとして日本海海戦を戦った[4]。海軍機関中尉で病を得て予備役を経て退役。敵兵を救助したことで上官の叱責を受けたことも海軍を退いた理由の一つである[5]

日本海海戦中、非戦闘員のロシア人従軍牧師が海上を漂っているのを見て軍艦を止め救助したことから人生問題に煩悶、海軍を退役して哲学研究に入り[6]、1906年(明治39年)9月 京都帝国大学文科大学哲学科選科入学にしたが、この時代に近衛文麿を知り関係を深める。また慶應義塾大学教授を経て、1907年よりアメリカドイツに留学。アメリカではニューイングランド州のユニオン神学校で学ぶ[3]。アルプス旅行中に知り合ったコルネリアと1917年9月に東京三田の統一教会で結婚[3]興国同志会に属していたが森戸事件をきっかけに岸信介らとともに脱会。1926年九州帝国大学教授・同法文学部長、1927年にはベルリン大学客員教授となる。九大時代の教え子に、哲学者の桑木務がいる[7]。戦争中は徳富蘇峰が会長を勤める大日本言論報国会の専務理事、事務局長を務め[8]、国粋主義思想を広めた。徳富蘆花の短編「梅一輪」(『みみずのたはこと』所収)に海軍士官葛城勝郎として登場する[5]

1945年11月、A級戦犯容疑者として逮捕され巣鴨プリズンに収容される。のち公職追放指定を受けた。

業績編集

鹿子木は慶應義塾大学山岳部の初代部長で、1918年日本人で初めてヒマラヤに入り、ダージリンからゴーチャ峠英語: Goecha Laを越えタルン氷河(Talung glacier )からカンチェンジュンガを目指した。この記録は、『ヒマラヤ行』(政教社、1920年)という著作として残され、世界山岳全集に収録されている他、日本の登山文学の古典のひとつに数えられている。

著書編集

  • 『アルペン行』政教社 1914 大修館書店(覆刻日本の山岳名著)1975
  • 『戦闘的人生観』同文館 1917
  • 『ヒマラヤ行』政教社 1920
  • 『仏蹟巡礼行』大鐙閣 1920
  • 『理想主義的悪戦』京文館 1926
  • 『日本精神の哲学』直日のむすび出版部 1931
  • 『やまとこゝろと独乙精神』民友社 1931
  • 『新日本主義と歴史哲学』青年教育普及会 1932
  • 『すめらみくにの理論と信念』維新社 1936
  • 『永遠之戦』九州帝国大学皇道会 1937
  • 『すめらあじあ』 同文書院 1937
  • 『皇国々体原理』新更会刊行部 1938
  • 『文明と哲学的精神』文川堂書房 1942序 2版

共著編編集

  • 『ガンヂと真理の把持』饒平名智太郎共著 改造社 1922
  • 『帝国大学粛正問題』田辺宗英共著 報国新報社(報国叢書)1938
  • 『皇国学大綱』(編)同文書院 1941

翻訳編集

  • オイケン『自然主義か理想主義か』慶応義塾出版部 1914 NCID BA31779725

出典編集

  1. ^ KURENAI : Kyoto University Research Information Repository (PDF) 2013年1月6日閲覧。
  2. ^ 『学位大系博士録』発展社出版部(昭和15、16年版)
  3. ^ a b c 鹿子木員信氏(慶大教授)『結婚ロマンス』流浪の子著 (秀文社, 1919), p111-
  4. ^ 有終会編『懐旧録』
  5. ^ a b 『日本軍事史閑話』163-165頁
  6. ^ 「鹿子木員信」『現代日本 朝日人物事典』朝日新聞社 (1990/12/10)
  7. ^ 桑木の『哲学の世界』酒井書店 1959年のp.43にも、「ギリシア哲学ことにプラトン心酔者によくある強い政治的関心をもたれるK教授」として登場している。
  8. ^ 林茂 『日本の歴史25 太平洋戦争』 中公文庫新版 ISBN 978-4122047426、353p

参考文献編集

  • 松下芳男『日本軍事史閑話』土屋書店、1979年。

関連項目編集