メインメニューを開く

鹿子木 孟郎(かのこぎ たけしろう、1874年明治7年)11月9日 - 1941年昭和16年)4月3日は、岡山県出身の洋画家。肖像画を得意とした。元関西美術院長、レジオン・ドヌール勲章受章。

鹿子木孟郎
(かのこぎ たけしろう)
生誕 (1874-11-09) 1874年11月9日
岡山県岡山市東田町
死没 1941年4月3日(1941-04-03)(66歳)
京都府京都市左京区
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 洋画
代表作 「ローランス画伯の肖像」[1](1908年)、「新夫人」[2]。 (1909年)
運動・動向 アカデミック美術

略歴編集

岡山県岡山市東田町に、旧岡山藩(備前池田藩)藩士の宇治長守[3]の三男[4]として生まれる。号は不倒[5]

初め郷里で松原三五郎の天彩学舎で油絵を学ぶ。1890年(明治23年)、東京に遊学したが脚気に罹り帰郷する。岡山中学予備校図画教員となるが、1892年(明治25年)、再度上京し小山正太郎が主宰する画塾不同舎に入る[6]1895年(明治28年)、中等教員図画免許状を受け、滋賀県三重県埼玉県で美術教師として勤務する[7]。なお、三重県での鹿子木の後任は赤松麟作だった。1897年(明治30年)、岡山出身の妹尾春子と結婚[8]。 

1900年(明治33年)、渡欧。11月中ボストン[9]。同行した満谷国四郎丸山晩霞河合新蔵と、先発の吉田博中川八郎で「日本人水彩画家6人展」をボストンアートクラブで開催し、成功を収める。1901年(明治34年)4月にアメリカ発、ロンドン経由で6月にパリに到着。パリのアカデミー・ジュリアンで、フランス最後の歴史画家と称された老巨匠ジャン=ポール・ローランスの薫陶を受ける。1904年(明治37年)、帰国。同年、明治美術会の後進である太平洋美術会 第3回展に出品[10]京都で画塾を開くかたわら、パリで知遇を得た浅井忠[11]らとともに関西美術院の創立に尽くす。1905年(明治38年)、美術雑誌『平旦』を石井柏亭小杉放庵らと創刊する。1906年(明治39年)刊行の薄田泣菫の詩集『白羊宮』に、満谷国四郎とともに挿絵を入れる[12]。1906年(明治39年) - 1908年(明治41年)、再び渡欧し、ローランスに師事する。滞仏中、サロン・ド・パリで『少女』が入選[13]、アカデミー・ジユリアン一等賞を受ける[14]

帰国後、1908年(明治41年)6月に関西美術院長となる。文展帝展審査員など官展を中心に活躍。関西洋画壇(京都画壇)に重きをなした[15]

1915年大正4年)6月、関西美術院長を辞する。1916年(大正5年) - 1918年(大正7年)、三度目の渡仏。ローランスに師事するとともに、エミール=ルネ・メナールにも師事する。

津田青楓吉田初三郎斎藤与里黒田重太郎安井曾太郎小林和作前川千帆中村研一佐竹徳北脇昇藤本東一良ら多くの後進を指導した。ヨーロッパのアカデミック美術を紹介し続けた功績により、1932年(昭和7年)、フランスよりレジオン・ドヌール勲章を受けた[16]1941年(昭和16年)4月3日、脳溢血のため京都左京区の自宅で静養中、尿毒症を併発し永眠。

代表作編集

タイトル 制作年 技法・素材 サイズ(cm) 所蔵先 備考
自画像 1894年 油彩・紙 32.0x24.0 目黒区美術館
津の停車場(春子)[17] 1898年 油彩・キャンバス 57.1x39.0 三重県立美術館
日本髪の裸婦 1899年頃 油彩キャンバス 93.5x63.8 府中市美術館
白衣の婦人 1901-03年頃 油彩・キャンバス 70.3x54.2 京都工芸繊維大学
白衣の少女 1901-03年 油彩・キャンバス 56.1x73.6 京都工芸繊維大学
狐のショールをまとえる婦人[18] 1902年 油彩・キャンバス 72.2x53.0 三重県立美術館
裸婦 1902年頃 油彩キャンバス 80.4x44.2 北海道立近代美術館
京洛落葉[19] 1904年 油彩・キャンバス 60.4x75.5 三重県立美術館
西洋婦人 1904年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
琵琶法師 1905年 油彩・キャンバス 144.5x105.5 個人 第4回太平洋画会展
パイプを持つ男 1906年 油彩・キャンバス 79.5x64.0 和歌山県立近代美術館
裸体の写生 1906年 油彩・キャンバス 81.2x54.5 豊橋市美術博物館[20]
ショールをまとう女 1906-07年頃 油彩キャンバス 91x65 府中市美術館
ノルマンディー浜 1907年 油彩キャンバス 164x219 法人 翌年のサロン入選、第2回文展
ローランス画伯の肖像[21] 1908年
新夫人 1909年 油彩キャンバス 94.0x90.0 京都市美術館
林泉(天龍寺の庭) 1910年 油彩・キャンバス 88.0x120.0 個人 第4回文展
紀州勝浦[22] 1910年 油彩キャンバス 59.0x74.8 静岡県立美術館 第4回文展・第9回関西美術会展
舞子の浜 1911年 油彩・キャンバス 72.7x91.0 個人 第5回文展
某未亡人の肖像 1912年 油彩キャンバス 93.0x62.0 京都市美術館 第6回文展
加茂の競馬 1913年 油彩キャンバス 150x210 個人 第7回文展
山村風景 1914年 油彩キャンバス 137.0x211.0 岡山県立美術館
秋の景 1915年 紙本彩色六曲一双 170.5x378.0 北海道立近代美術館
書斎における平瀬介翁[23] 1915年 油彩キャンバス 80.3x60.7 京都国立近代美術館 第9回文展
アブニューオッシュ 1916年 油彩キャンバス 50.1x61.0 目黒区美術館
海辺の牛 1916-17年 油彩キャンバス 60.2x71.4 目黒区美術館
教会[24] 1917年 油彩・キャンバス 63.5x48.5 三重県立美術館
奈良の秋 1919年 油彩キャンバス 58.2x79.8 岡山県立美術館
[25] 1922年 油彩キャンバス 64.6x91.1 神奈川県立近代美術館 第4回帝展
大正十二年九月一日 1924年 油彩キャンバス 156x204 東京都現代美術館
勝本勘三郎像[26] 1925年 油彩キャンバス 51.5x44.0 京都国立近代美術館
海辺 1930年 油彩キャンバス 58.0(径) 京都市美術館
裸婦 1930年 油彩キャンバス 70.5x70.5 岡山県立美術館
大台ヶ原山[27] 1932年 油彩キャンバス 113.5x163.0 三の丸尚蔵館 第13回帝展
大和吉野川の渓流[28] 1933年 油彩キャンバス 89.4x130 三重県立美術館
浴女 1934年 油彩キャンバス 134.9x81.8 岡山県立美術館
吉野連山[29] 1935年 油彩キャンバス 60.6x80.4 小杉放菴記念日光美術館
白薔薇 1937年 油彩キャンバス 91.0x72.5 神戸市立博物館[30]
婦人像 1938年 油彩キャンバス 40.5x32.0 岡山県立美術館
南京入城[31] 1940年 油彩キャンバス 205.0x495.0 東京国立近代美術館保管(アメリカ合衆国無期限貸与) 戦争記録画。旧友の故松風嘉定の息子(同名の松風嘉定)からの依頼により制作。完成後、陸軍に献納。
日本海(竹野ノ海岸 昭和期 油彩キャンバス 53.2x65.3 京都市美術館
田中源太郎像 制作時期不明 油彩キャンバス 106.0x76..0 京都市美術館
[32] 制作時期不明 油彩キャンバス 72.5x99.7 ひろしま美術館
東海の浜 制作時期不明 油彩キャンバス 60.6x90.5 姫路市立美術館

作品編集

脚注編集

  1. ^ 小学館 デジタル大辞泉. “鹿子木孟郎”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ 新村出編『広辞苑 第六版』“鹿子木孟郎”(岩波書店2011年
  3. ^ 鹿子木孟郎 :: 東文研アーカイブデータベース
  4. ^ 20世紀日本人名事典. “鹿子木孟郎”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  5. ^ 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plus (2015年). “鹿子木孟郎”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  6. ^ 思文閣 美術人名辞典. “鹿子木孟郎”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  7. ^ 鹿子木孟郎 :: 東文研アーカイブデータベース
  8. ^ 三重県立美術館 /所蔵品検索 / 鹿子木孟郎
  9. ^ 「鹿子木孟郎がパリに渡った年月日を知りたい。」 - レファレンス協同データベース
  10. ^ 平凡社世界大百科事典. “鹿子木孟郎”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  11. ^ 没後50年 鹿子木孟郎展 | 京都国立近代美術館
  12. ^ 青空文庫:薄田泣菫 詩集の後に
  13. ^ 倉敷市立美術館 アーティストリスト
  14. ^ 鹿子木孟郎 :: 東文研アーカイブデータベース
  15. ^ 三省堂 大辞林 第三版. “鹿子木孟郎”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  16. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “鹿子木孟郎”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。
  17. ^ 三重県立美術館 /所蔵品検索 / 津の停車場(春子)
  18. ^ 三重県立美術館 /所蔵品検索 / 狐のショールをまとえる婦人
  19. ^ 三重県立美術館 /所蔵品検索 / 京洛落葉
  20. ^ 豊橋市美術博物館編集・発行 『市制施行100周年記念 豊橋市美術博物館所蔵 絵画名品100選』 2006年10月6日、第23図。
  21. ^ 鹿子木孟郎 「ローランス」画伯の肖像 :: 東文研アーカイブデータベース
  22. ^ 静岡県立美術館【主な収蔵品の作家名:鹿子木孟郎】
  23. ^ 独立行政法人国立美術館・所蔵作品検索 書斎における平瀬介翁
  24. ^ 三重県立美術館 /所蔵品検索 / 教会
  25. ^ 鹿子木孟郎:神奈川県立近代美術館
  26. ^ 独立行政法人国立美術館・所蔵作品検索 勝本勘三郎像
  27. ^ 宮内庁三の丸尚蔵館編集 『近代の洋画家、創作の眼差し 三の丸尚蔵館展覧会図録No.52』 宮内庁、2010年10月30日、第8図。
  28. ^ 三重県立美術館 /所蔵品検索 / 大和吉野川の渓流
  29. ^ 服部文孝ほか編集 小杉放菴記念日光美術館特別協力 『平成29・30年度市町村美術館活性化事業 第18回共同巡回展 小杉放菴記念日光美術館所蔵 絵画で国立公園めぐり ーー』 第18回共同巡回展実行委員会、2018年4月28日、第45図。
  30. ^ 神戸市立小磯記念美術館編集・発行 『神戸市立博物館所蔵 洋画コレクション』 2018年5月22日、第19図。
  31. ^ 独立行政法人国立美術館・所蔵作品検索 南京入城
  32. ^ 鹿子木孟郎 - 日本近代洋画 - ひろしま美術館

参考文献編集

外部リンク編集