鹿我別(かがわけ[1])は、『日本書紀』等に伝わる古代日本人物

上毛野君吉弥侯部の遠祖で、神功皇后の時に朝鮮へ派遣されたという武将である。応神天皇年間に派遣された「巫別(かんなぎわけ、かがわけ)」は同一人物とされる[1]

記録編集

日本書紀神功皇后49年3月条によると、荒田別とともに将軍に任じられ新羅征討に参加した。神功皇后50年2月条、帰国した旨が記される。

同書応神天皇15年8月条では、巫別が荒田別とともに百済に派遣され、翌年王仁を連れて帰っている。この「巫別」は鹿我別と同一人物とされる[1]。この条において、荒田別・巫別は「上毛野君の祖」と記載されている。

先代旧事本紀』「国造本紀浮田国造条では、成務天皇年間に崇神天皇五世孫の「賀我別王」が国造に任じられたと記載されている。

なお鹿我別の名は、『住吉大社神代記』でも新羅征討の説話において記載されている。

考証編集

鹿我別の存在については、『百済記』を原資料とする実在の人物であるのか、後世に追記された伝説上の人物であるか、説が分かれている[1]

『史略名称訓義』や『皇胤志』では荒田別の子に鹿我別王をあげるが、鹿我別の後裔の吉弥侯部一族から物部斯波連が賜姓されたことや、荒田別と鹿我別が同じ時代に活動したことから、実際には上毛野物部君の祖である景行天皇朝に活躍した夏花命がその父でないかと見る説がある。また浮田国造に任じられたという伝承から、その墓が宇多郡桜井古墳に当たるのではないかとする説がある[2]

「かが」の読みから、下野国足利郡(現・栃木県足利市周辺)と関連づける説がある[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 鹿我別(古代氏族) & 2010年.
  2. ^ 宝賀寿男吉弥侯部姓斑目氏の系譜」『古樹紀之房間』、2016年。
  3. ^ 『日本地理志料』に記載(『毛野国の研究 古墳時代の解明 下』第三章四節より)。また、鹿我別は地名「足利」の由来の一説とされている(足利の地名の由来を知りたい。(栃木県立足利図書館回答)(レファレンス協同データベース))。

参考文献編集

  • 「鹿我別」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588

関連項目編集