メインメニューを開く

鹿瀬町(かのせまち)は、新潟県東蒲原郡にあった2005年4月1日、津川町、上川村三川村との合併による阿賀町の発足により消滅した。

鹿瀬町
Flag of Kanose Niigata.png Kanose Niigata chapter.gif
町旗 町章
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
津川町鹿瀬町上川村三川村阿賀町
現在の自治体 阿賀町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
東蒲原郡
団体コード 15382-6
面積 257.69km2
総人口 2,775
(2004年9月30日)
隣接自治体 津川町三川村新発田市
福島県西会津町山都町
山形県飯豊町小国町
町の木 ユキツバキ
町の花 ユキツバキ
他のシンボル 町歌『ときめきの彩』
鹿瀬町役場
所在地 959-4392
新潟県東蒲原郡鹿瀬町鹿瀬8931
外部リンク 鹿瀬町HP(アーカイブ)
鹿瀬町の位置
 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

同町にある昭和電工鹿瀬工場の企業城下町として発展した性質をもつ[1]。同工場から阿賀野川へ流出した水銀が発端となり新潟水俣病が発生した。

津川町への通勤率は16.0%(平成12年国勢調査)。

地理編集

歴史編集

沿革編集

  • 1955年昭和30年)4月1日 - 東蒲原郡両鹿瀬村豊実村日出谷村が合併し、鹿実谷村(かみたにむら)が発足。
  • 1956年(昭和31年)
    • 1月1日 - 町制施行し鹿実谷町(かみたにまち)となる。
    • 1月10日 - 名称を鹿瀬町に変更。
  • 2005年平成17年)4月1日 - 東蒲原郡津川町、上川村、三川村と合併し、阿賀町となり消滅。

行政編集

  • 町長:長沢均(1987年12月6日から)

経済編集

産業編集

  • 主な産業
  • 産業人口

地域編集

教育編集

  • 鹿瀬小学校
  • 日出谷小学校
  • 鹿瀬中学校

交通編集

観光編集

  • 角神青少年旅行村
  • 角神温泉・角神スキー場
  • かのせ温泉
  • 麒麟山温泉
  • 奥阿賀ふるさと館
  • 実川渓谷
  • SLばんえつ物語

脚注編集

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目編集

外部リンク編集