メインメニューを開く

麓山寺(ろくざんじ)は、中華人民共和国湖南省長沙市岳麓山にある仏寺[1]

目次

歴史編集

西晋泰始4年(西暦268年)に建立された。岳麓山山麓に創建された慧光明寺が麓山寺の起源であるとされ、開山祖師は竺法崇である。1983年に漢族地区仏教全国重点寺院に指定された。同じ年の10月10日に第一批湖南省文物保護単位に指定された[2]

伽藍編集

国寶編集

主な住僧編集

  • 竺法崇(西晋、開山祖師)
  • 法導(西晋)
  • 法愍(西晋)
  • 智顗
  • 摩訶衍那(
  • 妙光(
  • 憨山德清(明)
  • 智檀(
  • 文惺(清)
  • 弥嵩(清)
  • 天放(清)
  • 笠雲(清)
  • 聖輝(今住持)

脚注編集

外部リンク編集