麗々亭柳橋 (3代目)

3代目麗々亭 柳橋(れいれいてい りゅうきょう、1826年3月24日 - 1894年6月8日)は、落語家である。本名、斉藤文吉。享年69(満68歳没)。柳派に所属。実の長男は4代目柳橋、次男は講談師2代目桃川如燕、三男は5代目柳橋という芸人一家。

3代目 麗々亭れいれいてい 柳橋りゅうきょう
(初代 春錦亭しゅんきんてい 柳桜りゅうおう)
本名 斉藤 文吉
生年月日 1818年3月24日
没年月日 (1884-06-08) 1884年6月8日(66歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代瀧川鯉かん
2代目麗々亭柳橋
名跡 1. 瀧川鯉之助(1842年 - ?)
2. 昔々亭桃流(時期不明)
3. 初代麗々亭鯉橋(? - 1851年)
4. 3代目麗々亭柳橋(1851年 - 1878年)
5. 麗々亭柳叟(1878年 - 1883年)
6. 初代春錦亭柳桜(1883年 - 1894年)
活動期間 1842年 - 1894年
家族 4代目麗々亭柳橋(長男)
2代目桃川如燕(次男)
5代目麗々亭柳橋(三男)
所属 柳派
落語睦連(1875年 - 1894年)

人情噺(「白子屋政談」)や音曲噺を得意とし河竹黙阿弥の名作「梅雨小袖昔八丈髪結新三)」の原作「仇娘好八丈」の作者。

16歳で初代瀧川鯉かんに入門しは瀧川鯉之助その後、2代目麗々亭柳橋の門で昔々亭桃流、さらに二つ目で初代麗々亭鯉橋を経て1851年3代目柳橋襲名。

1875年初代三遊亭圓朝6代目桂文治などと共に「落語睦連」を結成し頭取に就任。

1878年6月に柳橋の名を長男に譲り自身を柳叟(りゅうそう)としさらに晩年の1883年には高座に上がらず 初代春錦亭柳桜と改名し隠居生活に入り、弟子の稽古に明け暮れる。

弟子編集

出典編集