メインメニューを開く

麻婆春雨(まーぼーはるさめ)は、日本で発売されている簡便中華総菜。麻婆ソースと春雨などがセットになっており、そのまま調理して完成することが特徴[1]。主に初めて開発、販売した永谷園の『麻婆春雨』について記す。

歴史編集

当時永谷園の開発企画室長であった能登原隆史をぶらぶら社員として任命し[2]、日本だけではなく、世界中を旅行[3][4]、レストラン・料理店を食べ歩くうちに[5]春雨と豚肉、たけのこ、きくらげ、ピーマンを使用した惣菜、『麻婆春雨』を開発する[2]1981年昭和56年)11月から九州地方で先行発売[2]。発売後、月商1億円の売り上げを達成し、西日本、信越まで販売地域を拡大[6]。永谷園の『麻婆春雨』はヒットし、のちの『チャーハンの素』や『すし太郎』の開発のノウハウ、販売するきっかけになっているという[5]。永谷園の麻婆春雨は1983年(昭和58年)には和田アキ子のCMで爆発的ヒットし、年売上7億となる[5]1988年(昭和63年)には、年10億円、1994年には年13億の売り上げとなる[5]1997年平成9年)には年30億円の売り上げを達成するも、このころになると、類似商品が市場に進出している。同年にはケンミン食品の『麻婆ビーフン』に対して販売差し止めの裁判も起こしている[7]1999年(平成11年)には味の素から『ごはんがススムくん 麻婆春雨』、丸美屋食品工業から『春雨シリーズ』、が発売されている[8]

出典編集

外部リンク編集