麻油鶏(マアユーチー、マユケ)は鶏肉米酒で煮た台湾料理[1][2]

麻油鶏

概要編集

根生姜を薄切りにしてごま油で炒め、ぶつ切りにした鶏肉を加えてさらに炒め、米酒と水を1:1で加えて煮る[1]砂糖を入れることもあり[2]、最後に食塩を加えて完成となる[1]

台湾では出産で失われた血を麻油鶏が補うとされ、坐月子と呼ばれる産後1か月の間は産婦に毎日食べさせるという伝統的な風習がある[1]1972年の調査では、台湾全土で60.7%の産婦が坐月子に麻油鶏を食べていたとされる[2]。また、出産を知らせる際には油飯とともに配布される[1]

脚注編集

参考文献編集