メインメニューを開く

麻生 香太郎(あそう こうたろう、1952年10月7日 - 2018年3月6日)は、日本作詞家音楽評論家・エンターテインメント評論家。大阪府大阪市曾根崎生まれ、兵庫県出身。

目次

略歴編集

甲陽学院中学校・高等学校東京大学文学部卒業。作詞家を経て、1980年代半ばよりエンタテインメント・ジャーナリストに転身。『日経エンタテインメント!』スーパーバイザーを務めていた。

TVステーション』で連載を務め、SEYMOURのペンネームでTM NETWORK中森明菜に作詞提供をした。

2018年3月6日、し骨洞がんのため死去、65歳[1]

評論活動編集

エンタメ原理主義編集

2014年から日経MJ紙上で隔週金曜日、評論コラムを執筆していた。

TVの壺編集

2007年から2008年にかけて、『日本経済新聞』(夕刊)・テレビ欄(土曜日)において、「エンターテインメント評論家」の肩書きで連載コラム「TVの壺」を執筆していた。

週刊朝日 麻生香太郎の芸能みなと町 1992〜1995

作詞編集

著作編集

  • 『ガキ主役産業の手帖 芸能界の「発想」から「経済ヒント」まで』(情報センター出版局、1986年)
  • 『世紀末男女コレクション』(マンガ:赤星たみこ二見書房、1993年)
  • 『ヒットのツボ ミリオンセラーはいかにして生まれたか』(日経BP出版センター、1994年)
  • 『ブレイク進化論』(情報センター出版局、1997年)
  • 『ジャパニーズ・エンタテインメント・リポート』(ダイヤモンド社、2006年)
  • 『誰がJ-POPを救えるかマスコミが語れない業界盛衰記』(朝日新聞出版、2013年)

コーディネート編集

  • 松本人志「遺書」「松本」(朝日新聞社) 「シネマ坊主」(日経BP社) 「プレイ坊主」(集英社)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集