メインメニューを開く

麻疹ウイルス(ましんウイルス、はしかウイルス)は麻疹の原因となるウイルスで、パラミクソウイルス科モルビリウイルス属に属するRNAウイルスである。RNAは一本鎖であり直径100〜250nmのエンベロープを有する。6つの構造蛋白質があり、表面のエンベロープに有するF(fusion)蛋白とH(hemagglutinin)蛋白が病原性に大きく関わっている。また、麻疹の発症のみならず、リンパ組織に感染するため免疫抑制という症状をもたらす。脳内に潜伏して変異を起こし亜急性硬化性全脳炎(SSPE)の原因にもなりうる(なお変異したウイルスをSSPEウイルスという)。

麻疹ウイルス
Measles virus.JPG
分類(ウイルス)
: 第5群(1本鎖RNA -鎖)
: モノネガウイルス目
: パラミクソウイルス科
: モルビリウイルス属
: 麻疹ウイルス

遺伝子解析により22種類の遺伝型に分類され、流行地域ごとに遺伝子型は異なる[1][リンク切れ]。2010~2018年に日本で検出された遺伝子型は、H1、G3、D9、D8、D5、D4、B3型の7種類で、2012、2017、2018年はD8型、2013、2014年はB3型が多かった[2]

ウイルスは熱、紫外線、pH5以下の酸、pH10以上のアルカリ、エーテル、クロロホルムによって速やかに不活化される。空気中や物体表面での生存時間は、2時間以下。[要出典]

牛疫ウイルスを起源としていると考えられている[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集